So-net無料ブログ作成

ジャンボ・墜落 ザ・サバイバー(THE SURVIVOR) [DVDやら映画やら]

実はああだった系の映画。映画「シックス・センス」、和訳すると「第六感」的映画。といってもこっちの方がずいぶん早い。邦題どおりジャンボが墜落しますが、その裏に潜む原因がおそろしい。単に事故やテロリストとかで片付けられない。この映画の場合はけっこうオカルト色が強い。最初の旅客機墜落の場面がけっこう力入ってます。旅客機事故でこんな風な映画だと、アン・ハザウェイさんが出ていた「パッセンジャーズ」とも似ていますが、この映画では乗務員・乗客たちのその後というより、原因究明に力を入れています。「実はああだった」という話しのオチはもう珍しくないと思うので、見所はどうやって気づかされるか?といったところでしょうか。でも、あの人がそうだったとは分からなかった。あの人の他に怪しそうな人が何人かいるので。冒頭の旅客機内シーンの乗務員や乗客たちの行動もうまくミスリードを誘っていると思います。あれじゃどうみても墜落原因があの人だと思ってしまいます。不自然というか理由付けが難しいのは、生き残った人が元にもどる最後でしょうか。それまでの間、社員や記者、一般の人は誰を観ていたのか。まあその辺がオカルトか。その点について、以降の映画は「実は誰にも見られていなかった」など、うまく筋立てしているなあと思います。タイトルロールによると音楽が BRIAN MAY となっていますが、クイーンのブライアン・メイさんでしょうか。なんだか、日曜の昼下がりを思い出す映画でした。ロバート・パウエルさんはどこかで見たなあと思ったら、ザ・フーの「トミー」に出てました。神父役でジョゼフ・コットンさんが出ていました。彼のことはヒッチコックの映画で知りました。「市民ケーン」も良い役でした。「ソイレント・グリーン」でも見たなあ。「緯度0大作戦」で彼を見たときは、なんでこんな映画に出てるの?と驚きました。映画「地球の危機」にジョーン・フォンテーンさんが出ていたようなものか。そういえば彼女もヒッチコック映画に出てました。面白かった。蒸す。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-203681.html


共通テーマ:映画