So-net無料ブログ作成

ヌイグルマーZ [DVDやら映画やら]

中川翔子さんの学ラン姿が良い。テレビでやっている番組が、井口監督つながりでしょうけど「電人ザボーガー」。リメイクした映画も面白かった。原作が大槻ケンジさんだったり、音楽が彼のバンドだったりして、どうしてもそっちに目(耳)が行きがちですが、それを外したとしても、いつもの井口監督作品で面白い。ダメ子の他、登場人物の過去とかは説明不要と思いましたが、このあたりは思春期的問題や大人の階段的問題の解決に必要だったんだなあと納得。もしかするとその辺が普段の井口監督作品と違う点、つまるところが大槻ケンジさんテイストかもしれません。姫こと鮎川響子役の人は、子役も大人役もちょっと憎たらしく見えて良い感じ。斎藤工さんと井口監督の関係は知りませんが、この映画では(も)おバカな役をやってくれます。歯にあんなもん付けちゃって、こんなことするから二枚目でも許せてしまうのか。この人とか冒頭の元ライダー須賀さんとか、良い男を登場早々に退場させるのがこの映画の特徴です。その反面、最後まで出ずっぱりの猫ひろしさんは愛嬌がありそうですが、基本怖い人というか怖い顔です。夜中見たらビビリそう。主人公たちに絡みませんけど、亜紗美さんと清野菜名さんが出てました。井口監督の人徳でしょうか。おそらく主人公なので当たり前ですが、中川翔子さんの奇跡的なシーンが多い。学ランで特撮番組見ているところとか、その特撮番組の中で演じているシーンとか。あとロリータの格好で走ったりアクションしたりするところが、自由すぎ。なぜ、中川翔子さん+ヌイグルミ=武田梨奈さんになってしまうのか分からんかったが、最後のシーンを見ると、これも成長物語だったのかと無理に納得させる。片腕ロリータは、もちっと「片腕マシンガール」に似せても、誰も文句は言わんと思います。原作者によって新しい井口監督作品になったんではないでしょうか。いずれは、「ロボゲイシャ」とか色々、みんな登場させた作品も見たい。マーベルでもみんな集まってますし。どうせだったら監督を超えて「東京残酷警察」に「ヘル・ドライバー」とかも混ぜてほしいです。晴れと風。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-301131.html


共通テーマ:映画