So-net無料ブログ作成

あした [DVDやら映画やら]

もちろん高橋かおりさんが主役なので見る。彼女とその友人が遭遇する不思議な出来事の話し。しかしわざわざ若い女性たちを脱がす必要があったのか。誰の意見でそうなったかは知りませんが。せめってロッカーのドアで隠すとか焚火の炎で全身を隠すとかやりようはあったろうに。うれしさ半分・罪悪感半分な世界。自然な光景かもしれないけれど、あまりに無垢すぎてけっこうつらい。その他、永尾夫婦の子供をほかしといての車内エッチもほとんど日活。監督が変態なのか製作陣がおかしいのか。主題は家族。柏原さんに会い来た宝生舞さんは恋人同士だが、宝生さんと母親のやりとりはまさに家族。そして彼女の「あした」というセリフ。しかし家族であると同時に生と死の話しでもある。そしてその間をつなぐものはエッチ。既に死んでしまったのだろう人。これから死のうとする人。迷う人。色々登場する。あの世からだろうメッセージが伝言板やスライド写真など、色々な方法で伝えられる。その中でもハイテクなのが、SII の Brain Pad に表示される妻・娘からのメッセ―ジ。通信は PHS Modem で行われていてかっこいい。女子社員役の中江有里さんがタッチペンで操作して、カバー裏面に印刷された "Brain Pad" の文字を見せながら動かすところなどは、まるで CM。「読んで」と言う部長に、中江さんが「ご自分で読んでください、大きい文字ですから」なんていうセリフは二人の年の差と同時にただならぬ仲を感じさせるに十分。この物語の良いところは、現れる人々は死んだとされているけれど、消息不明でもあるところ。原田知世さんがナゾな感じの女性で登場するが、彼女は生き残ったと噂されている女性なのだろう。少ししか登場しないが、やくざの女役の増田恵子さんの演技がすばらしい。長いワンピースみたいなセーターが色っぽい。高橋さんの「どうして男にならなきゃならないの?」がその後で起こることのダブルミーニングみたいでエッチ。体当たりの小屋シーンは山口百恵さんのあの映画を連想させます。「親にもぶたれたことないのに」はアムロ・レイ。椎名ルミさんが「わたしのことを見ててください」と言って水泳コーチの前でひざまずくところもエッチ?と思ってしまうが、この構図は泳ぎ終わった後でプールの中からコーチを見ている様子の再現なのだろう。子供が大人になったことを見せるために初潮を利用する監督がえぐい。船がどこからともなくやってくるのではなく、海中から現れてくるところが上手い。浜のシーンが映画的。細い坂道を自転車で駆け降りる宝生さんがかっこいい。後半、田口トモロヲさんが植木さんを撃ちに来たシーンで、部屋の小窓から高橋さんが見えるカットがすばらしい。DVDメニューの音楽が怖い。高橋かおりさんにとって、宮沢りえさんの『サンタフェ』的な映画かもしれない。なんだかんだと面白かった。

映画.comの紹介ページ

https://eiga.com/movie/34515/



共通テーマ:映画