So-net無料ブログ作成

Xmasの奇蹟 8 [DVDやら映画やら]

ついに最終巻。今回はいつもの 5本立てではなくて 6本立て。さあがんばろう。このドラマは、タイトルロールのときにその回のダイジェストを見せているようで、話しが想像できて困る。特に Episode:39 なんて、最初にあんなの見せちゃまずいんじゃないだろうか。昼が忙しい人向けなのかも。最終 Episode から考えるに、直が浩志を思う心が強かったために、浩志は健の中で生き続けてしまったと考えられる。それが思い出を引きずるということかもしれないなあ。終わってみれば、主なシーンは、直の会社(XXミュージックとアポロン・クラシック)、アポロン社長室、ピアノ・バー ノクターン、直の家、健の家、病室くらい。そしてアポロンの屋上とコンサート会場が少しだけ。その他はサイン会の HMV や道路とマンション前のロケくらい。それだけでこれだけ盛り上げるというのは脚本がすばらしいのか。劇中で演奏される「青の月」とか「赤の月」はもちろんすばらしいのだが、ターンタララタララッタラとか印象に残る劇伴が多数。音楽業界にフォーカスが当てられているせいか劇伴が素晴らしい。最初にパクさんとかが登場した時は、この先どうなるかと思ったが、その時だけだった様子。主題歌を歌っていることもあって話題作りのためのサービスカットだったと思いたい。いっそのこと歌はやめて全部ピアノとかインストにした方が良かったと思う。高橋さんや中村さんが劇中の辛さに合わせてだんだんやつれていくようでジンとくる。高橋さんと窪田さんを堪能する一本、ではなくて41話、全8巻。見たのはレンタル版なのだが、もしかしてセル版だと特典多数なのか? 高橋さんのバックステージとか観れるのだろうか? 最短の展開は Episode:4 と Episode:41 を直結して5話で終わること。そこまでに1年を費やしたのは浩志本人の戸惑いがあったのだろう。目覚めたら健の中、しかも認めたら死んでしまうんですから。直の思いの強さがいちばんの原因でしょうが、浩志本人の未練、直を放っておけなかったからこその1年。そして直が立ち直るための1年。これが昼ドラ。全話の中でこの巻の Episode:39 の後半~ラストは感動の嵐。面白かった。


GEOの紹介ページ
https://rental.geo-online.co.jp/detail-223931.html

以下、ほぼ内容が分かってしまいます!!!

Episode:36 記憶の嘘:健が「ピアノを弾かせてほしい」とやってくる。記憶は戻ったわけではなく、身体が覚えている気がして、指を動かしていれば弾けるのではと言うのだ。あきらかにこれは健のウソだ。直には分かっている。ピアノを弾いている健の後姿が写るのだが、頬の感じからみて吹き替えの方だろう。もう少し細マッチョなら分からなかったかも。直は目を閉じる。見えるのは月、赤い月だ。健は「記憶は戻らないがコンサートでもテレビでも何をしてでも危うくなった会社を助けたい」と言う。「奥さんは・・・」と口にする健に、柏木は結婚していなかったことを説明しようとしたのだろうが、直はそれをさえぎって「わたしたちはいつもどおり」と言う。健と自分の距離を離れたままでいるためにはそれでいい。不思議そうに二人を見る柏木とママのミツコ。健が出て行った後、ママから結婚していると誤解されたままで良いのかと聞かれるが、直は「彼と私のためにはその方が良いんです」と答える。直はしまっていた指輪を眺める。直は健が記憶を偽っていることを知っているのだろう。アポロン・クラシックの直と実花。健の売り出しについて話していると、実花が突然ふらつき、近くの椅子にしがみつく。もしかして子供か?とは思っていけない疑りか。健の部屋。仁美と二人。ピアノが弾けることによろこぶ仁美だが、直との記憶が戻ってないことの方が大事なのだろう。そして健にチューを求める。ああ、こないだしちゃったから、もう歯止め無しという感じ。健はちょっと考えておでこにチューをする。アポロン・クラシック。実花は以前偽ゼノだったときのヒロトから強引にチューされたことを思い出す。やっぱり赤ちゃん?・・・。そしたらヒロトが登場するのはお約束。彼は会社を助けたいとまた小切手を持ってきたのだ。それを受け取らない直。実花がプチ切れする。「柏木社長の援助は受けるけど、ヒロトの申し出は受けない、そんな中途半端な態度は人を傷つけるの」と。別に中途半端ではないと思うが。単純にヒロトを受け入れない姉が嫌なだけだろう。実花は事務所を出て行く、そしてお腹をちょっとさする。やっぱり赤ちゃん?・・・。ヒロトは健がピアノが弾けるのは浩志だからじゃないのかとまた直に食い下がる。ヒロトは病室で健から「許す」と言われたことを話す。結局直はヒロトの小切手を受け取る。それでもまだヒロトは浩志を感じなかったかと食い下がる。見ているほうとしては感じてるに決まってるだろ! バカ! と言いたい。直は「感じた」と答える。ヒロトは「ならどうして別れた?」と熱く問い詰める。あーこいつうるさい。直は二度とこの話しはするなとヒロトに言う。うーん、またヒロトが何かしそうで恐い。いや、絶対する。直は独りになって思う、浩志はヒロトを許したのだと。健は仕事場所を教えに家に来た実花から、直がヒロトの援助を受けないことを聞く。夜、直の会社を訪ねる健。「ヒロトの援助は受けた方が良い、彼はあなたを愛しているように感じる、ああいう穏やかな人があなたには合っている」と突然のヒロト推し。直はすでに援助は受けたことを話し、ヒロトの愛については「わたし結婚してるから」と笑顔でひと蹴り。そして健のピアノの練習場所について、順調に売れれば防音設備のあるマンションを借りて、そこに今のピアノを置こうと話す。あのピアノは自由に使って良いと。直は「元々浩志のピアノよ」と言いたいのだろう。もう帰らないと親が心配するわと言うと、健は「母親は自分とあなたが会うのが嫌なはずだ」と言う。これはうっかり。直も気づいたはず。この記憶は無いはずだから。健もハッとする。この辺りとかピアノは身体が覚えていたとかが「記憶の嘘」ってことなんだろうなあ。直も「これ以上周りを傷つけないようにしましょう」と言う。これも浩志への言葉だろう。会社を出た健は、直が自分に記憶があることに気づいていると確信する。直は独り「これでいいんだわ」と自分を納得させる。ピアノ・バーを訪れる健。前に一度バイトしていたと聞いて、というのがその理由。嘘をついているのも大変である。先に来ていたヒロトに、直のことが好きなんですよねと切り出す。直に必要な人に思えたとも。ヒロトは「確かに直のことを思っている。でも、もう誰とも恋愛しないつもりだ。それがオレのつぐないだから」と答える。それを聞いていたのはトイレから出てきた実花。あきらかにショック。そして健を見ると仕事を思い出したと言って店を出る。その様子にママは何かを感じて、実花が落としたハンカチを手に実花を追いかける。健と二人になったヒロトはまた浩志なんじゃないかとか健を問い詰める。そして「直もそう思ったことがある。彼女には浩志を突き放さなければならない訳があるんじゃないか」と。健がマジ顔。そして次回へ。
Episode:37 誕生日の約束:その訳は分からないとヒロトが言う。店を出た健は胸に手を当て「まさか・・・」と思う。それは浩志と自ら認めると死のことだろう。健は直の家に向かう。しかしその玄関先では仁美が待っていた。そして電話にでないことを怒る。アポロン・クラシックでは実花が独り、恋はしないというヒロトの言葉を思い出していた。健は自分の部屋で、自分の胸が苦しくなったときのこと、そのとき一緒にいた直のことを思い出していた。そして直は気づいていたのかと思う。横井が直と実花に、アポロン・クラシックは存続できそうだと伝えにくる。直が「横井さんが言ってくれたのね」と言うと横井は「オレはただ誤解している役員に事実を伝えただけです」なんて言う。そして「横井さん」じゃなくて「横井くん」で呼んでと。ちょっと態度違うんじゃないの? と思ったら「実はオレがママに柏木さんのことを教えたんです。まさかこんなことになるとは」ってそれは大変ことを言ってないか?! お前が油か! 直の家でピアノの練習をする健。それを聴いている直。健は直が分からないという指輪の話しについて自分の思いを話し始める。そして「オレのほんとうの部分に入ってくる」と。それは以前浩志が直を好きな理由といて挙げたことだった。言葉に詰まる直は、話を変えてクリスマスにコンサートをしたいと言う。健は胸に手を当てようとすると直は「いやっ」と叫ぶ。健はクリスマスにコンサートを開くならひとつだけ、もうウソは止めてくださいと言う。君自身のためではなく誰かのために結婚してるならそれは意味のないことだと。直は告白する、結婚はしていなかった、柏木は婚姻届を出していなかったと。彼が愛しているのはママだと。健はオレも自分のついたウソに決着をつける、6月30日に答えを出してまたここに来ると。独りになった直は「浩志だと思っていることに気づいている」と思う。6月30日は直の誕生日だった。健は仁美を部屋に呼び、別れることを告げる。なんで私を抱いたのと食い下がる仁美。そして同じ人に二度振られるのは辛いと言う。健は帰ってきた母親に仁美と別れたことを話す。6月30日。実花が直を食事に誘う。何か言いたいことがありそう。しかし直には健との約束があったのだ。部屋の準備をして何を期待しているのかと楽しい自問をする直。指輪のアップのカットで写る指がすばらしい。一方会社にいる実花の手には母子手帳が。やっぱり赤ちゃんだったのか。ヒロトが入ってきて無神経にも「直ちゃんは?」ああバカな男。そんなヒロトに実花が何かを言おうとすると、今度は健がやってきた。直のところに行く前によってみたらしい。そしてまた一人やってくる。それはなんと仁美だった。仁美を帰そうとする健に彼女は「私妊娠してるの」と言う。ショックな健。仁美を連れて外に出る。実花は結局言えずじまい。健の家。健は仁美を連れ、仁美に子供が出来たことを母親に告げる。健は自分の責任だから面倒を見ると言う。本当は35歳の男だから責任を感じなければ大人じゃない。仁美の親に挨拶しようという話しになるが、仁美は突然だと大変な話しになるのでちょっと待ってくださいと言う。これはもしかしてウソ? 母親はちょっと不思議な表情。健の顔は険しい。直は独り部屋で待っている。健はいったい誰の子になるんだ?と苦悩する。時間は 0時になりそう。直の誕生日は過ぎる。直は6月のカレンダーを破って思う、「これが浩志の出した答えなのね」と。また変な展開になりそうだ。真顔な直のアップで次回へ。
Episode:38 命の重さ:会社で実花を気づかう直。実花は誕生日プレゼントと言って、実花とおそろいの縁結びのお守りを直に渡す。健がやってきて昨日行けなかったことを謝る。そして仁美が自分の子供を妊娠したことを告げる。直は静かに動揺。ちょっと涙ぐんでいるように見える。「そういうことなの」そして「私もうれしい、あなたが子供のいる人生を送ることができて、ほんとうよ、あなたが父親になるなんて」そして笑顔で「きっと良いお父さんになるわね」と言う。健はクリスマスにコンサートをやらせてほしいと言い、直は「なぜそんなにクリスマスにこだわるの?」と悲しみとも怒りとも知れない表情でたずねる。その目は涙がこぼれそうなほどうるうる。ファーストコンサートはクリスマスにしようと決めていたと健は言う。これは浩志が考えていたことと同じ。直は了承する。健は大友に仁美と結婚すると話す。大友は親になる健におめでとうと言う。何でもない風でけっこう動揺気味。そして相変わらず玄関が開いているとずかずか入ってくる仁美。「身体気をつけれよ」と言って大友は帰る。仁美のいっしゅん他人事みたい顔がなんだかあやしい。私の子供、そして私を愛せるかと問われる健。夜、直は独りピアノの前で涙。「自分で望んだ結果、これで良いの」と自分に言い聞かせる。長い指に指輪をはめ、「私には浩志の秘めた想いなんて分からない」とつぶやく。ああ涙。しかしいくら身体は林田健とはいえ、浩志の浮気。でも直もアポロン社長さんと寝てしまったか。厳密に言えば健の身体とも。うーん、大人は難しい。会社で気分が悪そうな実花。直が外出した後、とうとう倒れてしまう。何とか起き上がろうとするもののダメだった。実花のいる病室に急ぐ直。そこには健がいた。彼が事務所で倒れている実花を見つけたのだった。直は実花が妊娠3ヶ月であることを伝えられる。彼女の母子手帳にはヒロトの写真がはさまっていた。実花はヒロトには言わないでほしいと言う。なぜならヒロトはまだ直が好きだから。彼は誰とも結婚する気はない。子供は一人で育てると実花は言う。直は独りで悩ませてしまったことと自分のしっかりしなささを謝る・・・ってそんなことは絶対無い。先に手を出したヒロトが悪いに決まってます。しかし姉妹の心が初めて通い合ったときでもあった。健の母親と仁美がお茶を飲んでいる。母親は予定日はいつ? と聞くと「1月くらいかな?」って、うーんあやしい。今何週目?「8週かな」ますますあやしい。健から教えてもらって、実花の病室にやってきたヒロト。直から実花が自分の子を妊娠していると聞かされる。このときの表情が、直の手前すごくバツが悪そう。そして何か言いわけを考えてる感じ。そういえばプライドの高い男だった。「いつやったんだっけ」というような顔。寝ている実花が握ったのはヒロトの手。ここで目を開けて初めてヒロトだと気づいたときの表情が良い。なんだかんだと話して「結婚しよう」と言うヒロト。とりあえずこれで実花の恋問題は片付いたか。安心する直の顔がすばらしい。ああ良かった。仁美の親に挨拶するためスーツを着る健。直からもらった時計を見ていると仁美がまたその時計なの?と難くせをつける。そしてカッターを自分の首元に。仁美を止める健。彼女は泣いて「ウソなの、妊娠なんてしてないの」と言う。会社の直を訪ねる大友。健と別れてほしいとお願いにやってきたのだ。直はいつもどおり健とは恋愛関係が無いことを話すが、大友から仁美が妊娠はウソだったことを聞かされる。直に健を取られたくなかったなかったためだ。直は大友に「仁美ちゃんのことが好きなのね」と言う。図星顔な大友。ピアノの練習のため、直の家に来た健。そういえば「ピアノの練習」を「ピアノ・レッスン」と聞くと、なんだか禁断の話しっぽくなるなあ。そういうところも意識している物語なんだろうか。二人とも笑顔はなくマジ顔。ここで健の言うことがすごい。仁美が流産したと言う。そして「仁美と一緒にいてやりたい」と。直は戸惑いの顔を見せるがすぐに笑顔で「君の生活には興味は無いの」と言う。隣の部屋で直は、6月30日に健が出すと言っていた答えがこれだったの?と思っている様子。しかし「昔に戻るなんて許されることじゃないのよ」とつぶやく。ベッドに突っ伏す直、で次回へ。直の背中で終わるカットは初めてでは?
Episode:39 奇蹟の時:会社の直を訪ねる仁美。仁美は健が直に何と言ったのか聞く。直は流産だったと答えると仁美は健が自分を気づかってウソをついたのだと言う。知ってるよーだ。直は健は記憶がないし今は仕事だけの関係だと話す。仁美はそれはウソ。健は記憶を思い出している。それでも健は私を選んだと言う。このでの仁美が開き直ったというか高飛車っぽくてあまり良い感じではない。ここでタイトルが表示されるが、なんとタイトルバックの色がちがう。青じゃない。ピアノ・バーで柏木にクリスマス・コンサートのことを知らせる直。ママのミツコは「なぜ健を遠ざけるようなことをするの?」と聞いてくるが、直はとりあえず謝る。マジで説明するとややこしくて大変だし、健の命に関わる。そして健登場。柏木が呼んだようだ。健は柏木にピアノを弾かせてもらったことの礼を言う。柏木は良い夢を見せてもらったと答える。ここで「感謝するのは直だ」と言う柏木はえらい。直は健の練習のために明日からスタジオを借りたと言う。健はあのピアノをもう一度だけ弾かせてくれと頼む。このときの困ったような直の表情がすばらしい。ピアノの弾いた健は「赤の月」の話しをする。あの沈みたくない月の話し。「昼間の月はゴースト。たとえ浮かんでいても気づかれない。昼間の月は何の役にも立たない」そして「太陽の下の人たちは昼間の月のことを忘れてくれ」と言う。このときの「忘れてくれ」の「くれ」が浩志の言葉だなあ。そして直はそれを分かっているなあ。「丸い月の記憶だけあれば良いわ。でもたとえ見えなくて昼間の空にも月は存在してほしい」と直。彼女はしまいこんでいた浩志の遺影を立てる。「浩志との最高の思い出がある。それでいつだって幸せだわ」そして「望むのは記憶がうすれないこと」涙ぐむ健、そして直。今日の練習はおしまい。健「これで終わりです」直「さよなら」そしてもうここで練習することはない。直はベッドで独り横たわり、浩志が生きていてくれるだけで幸せなのと思いながら泣く。幸せならなぜ泣くぅぅうともらい泣き必至。2009年12月。堤家の墓前。直はクリスマスに浩志の初めてのコンサートをすることを多恵に報告する。そこにやってきたのはカーネーションの花束を持った健。彼は「来年のクリスマスにここで会おう」と言う。そして来週のコンサートは「想いを伝えるコンサートにする、来た人が一生忘れられないような」なんて言う。いやー何か含みがありそう。直は楽しみにしてると答えるが、ちょっと引っかかったぽい。帰り際、健が言った言葉がますます引っかかる。Ken のコンサート会場、ポスターはヒロトでもイラストでもなく、しっかり健の写真。最初の Episode に戻ったようなステージの準備風景。直の服、短いスカートも似ているし、かんじんのピアニストが来なくて横井が焦ってやってくるところもそっくり。開演時間ギリギリにやってきた健。Tシャツの上にジャケットというのがかっこいい。直の姿を見てニヤッとする健。そして言う、「オレの感情を、想いを聴いてくれ」健は直のプレゼントの時計をピアノの上に置き、「赤の月」を弾き始める。みなさん聴きに来ているが、実花がどうもお店の同伴な感じ。いちばん目を引くのは健のお母さん。開いた口がふさがらない感じ。とうぜん偽ゼノことヒロトも来ていて、堂々とステージ袖に立ったりしている。直はステージ袖から健を見つめながら、自分と健とのことを思い返す。このときのうれしそうな表情はこれまでの Episode の賜物。演奏が終わって拍手喝采。直も笑顔。すると健がもう1曲やると言う。最愛の人と出会った曲、そう言って直に目を向ける。弾き始めた曲は「青の月」。そして直が思い起こすのは浩志との日々。直は思わず大粒の涙。「赤の月」では健、「青の月」では浩志、いやーすばらしい演出。そして健の姿が浩志に見えてくる。鼻のところに両手を持ってきて泣いている直の姿は、DVDボックスのジャケットに使われているものだろう。笑顔の目線を直に向ける健というか浩志。直は感極まりながらも不安がよぎる。そして告白する健。健を止めるために駆け寄る涙の直。直の前で倒れる健。「浩志!」と叫ぶ直。ステージ、ピアノの側、倒れた健を抱く直の背中で次回へ。すばらしいカット。ああ感動。
Episode:40 愛のない世界:病室。一命は取りとめた健。母親、仁美、大友、ヒロト、そして直が見守る。仁美は直に健が最後になんと言ったのか聞く。幸せだと言っていたと直は答える。病室出て廊下をおぼつかない足取りの直、ヒロトが「あの「青の月」・・・」なんて聞いたところで倒れこむ。直の家。ヒロトは今日の健のピアノは浩志だったと言う。もう聞くなヒロト。大体あんたがいちばん悪いのだ!! 浩志の時計を渡すところはほめてあげよう。浩志にもっと何かしてあげれば良かったと悔やむ直。アポロン・クラシックで直は健の新聞記事を読んでいる。その前では横井が電話中。ミツコさんの一件のせいか、ずいぶんとおとなしくなった様子。健の病室。直は花束を持って見舞いへ。今回の水やり役は仁美だった。色々話す直と母親。仁美が戻ってくると健が目を開けた。「誰?」と言われた直は、もう浩志ではないと悟る。がく然とする直。暗い部屋でピアノの鍵盤を叩く直。「やっぱり、もう浩志はどこにもいない」ピアノの前で涙にぬれる直。病室のベッドに腰掛ける健。マジな顔は、何か展開があるのか? 直の家にやってくるヒロト。また来たんですか・・・。直を慰めようと色々言うが、最後は「わたしのために死んだって言うの?」と言われてしまう。ああヒロト。アポロン・クラシックで死んだ目の直の元に柏木がやってくる。裁判は執行猶予付きで終わった。アポロン・クラシックの先行きは年明けの役員会で決まるらしい。柏木は新しいレコード会社の設立を考えていて、直も誘いたいと言う。しかし直は音楽に関わる仕事とは離れたい。柏木は直の指輪を見る。柏木は「ミツコと同じになるな。無い者にすがって生きるのは辛い、新しい音を探せ」そして「幸せでいてほしい」と直に言う。横井は送られてくるデモ CD をチェックしてアーティストの発掘。直に浩志さんの夢は終わってませんとか言って励ますが、直は先行きの分からない会社じゃ・・・とあきらめている。ヒロトは病室の健に「もし芝居をしてるなら何か考えがあるんだろ」「芝居なら全力で芝居しろ」とか色々言われるが健には分からない。お腹が大きくなった実花。次に進んでもらおうと色々言うが、浩志を愛し続けようとする直の心は揺るがない。外を歩いている直。前から来るのは健。二人はそのまますれ違おう。振り向く直。しかし健はそのまま歩いていく。落胆の表情でまた歩き出す直。そして健が立ち止まり振り無く。彼が口にした名前がなんと・・・空虚な直の表情で次回へ。
Episode:41 君がくれた奇蹟:健の部屋。鏡を見て自問する健。「なんでオレはまだ健なんだ?」・・・やっぱり健だったの? アポロン・クラシックを訪れる健と母親。やはり会社は無くなるらしい。直は「この世にもう求める音は無いから」と音楽の仕事も辞めると言う。ピアノによりかって CD を聴く直。思い出しているのは浩志が話したブルームーンのこと。1月29日、アポロン・クラシックの解散。直が横井とヒロトに挨拶をする。横井はこっそり直の紙袋に CD を入れる。直はまたピアノの脚にしなだれかかり、「青の月」を聴きながら「幸運の月は願い事をかなえてくれるんでしょ」と月に問いかける。ベランダに出て「浩志に会わせて」さらには「浩志の元に行かせて」とまで言ってしまう。風が吹く。部屋を見ると浩志が立っていた。浩志に駆け寄り、抱き合う二人。「愛していると言いたかったから、直に前を向いて歩いてほしいから、自分の正体を言ってしまったんだ」と浩志は話す。「林田健の身体で生きるのは卑怯だ、彼には人生がある」「健の身体でよみがえったのは直の強い願いがあったから。そしてもうオレを楽にしてくれ」「またいつか会える」「新しい出会いに臆病になるな」色々言って直を説得する。直は浩志にちゃんと言ってなかったこと、「愛してる」を浩志に伝える。そしてチュー! 浩志は消えた。残された直は泣く。朝、直が目覚める。「夢?」と思って手を見ると指輪が無い。昨日浩志が外したのだ。やっぱりきれいな手指である。直は笑顔で「さよなら、浩志」と口にする。その頃、健が家のリビングのソファで目を覚ます。母親が言うには昨日の夜、窓を開け放しにしてずーっと寝ていたらしい。目覚めた健は健だった。大友、仁美たちと打ち解ける健はちょっとバカっぽいがこれが本来の姿。でもあんなにしちゃったことも覚えないんだから不幸なのかなんなのか。直は会社から持って帰ってきた紙袋の中から CD 見つける。それはデモ音源だった。直はヒロト、実花、横井を前に新しいレコード会社を始める決意をする。花束を持った柏木が直に頼んだことは、ミツコと結婚するための婚姻届の証人になること。そしてミツコも柏木との婚姻届を用意していた。うーん、この愛は固い。2010年12月25日。堤家の墓参りをする直。髪がストレートっぽくなっていて雰囲気が今までとちょっと違う。街で人にぶつかり、落ちた書類を拾って、浩志との出会いを思い出す直。そこには涙ではなく笑顔。良い思い出となったということか。髪をかき上げて歩くカットで完。

Xmasの奇蹟 8
Xmasの奇蹟 7
Xmasの奇蹟 6
Xmasの奇蹟 5
Xmasの奇蹟 4
Xmasの奇蹟 3
Xmasの奇蹟 2
Xmasの奇蹟 1


共通テーマ:映画