So-net無料ブログ作成

愛の戦士レインボーマン サイボーグ軍団編1 [DVDやら映画やら]

開始早々からほとんどダッシュ7ばかり。今回はダイヤでも金でもとにかく盗んで日本経済を破滅させる作戦か? 倒しても倒してもキリがない死ね死ね団たちにタケシはほんとうにまいっている様子。
第40話 タイトルロールでは淑江さんとみゆきしかクレジットがない。もう母親は出ないのか?「もしスーパーニトロンが東京で爆発していたら・・・」そんなダッシュ7のモノローグで始まる。破壊された東京と平穏な東京のカット。世の中は平和。しかしモグラート事件は人々への教訓になった。淑江さんとみゆきは笑っているが、タケシはミスターK のことを考えると不安になる。ダイアナ・キャシー・ロリータ・オルガたちを集めるミスターK。ミスターKはオルガを残してドクター・ボーグのいるアフリカ行きを指示する。新たな武器を体得するためというが、本当は・・・。そして死んだイグアナの母、ゴッド・イグアナが登場する。娘のイグアナよりもダイバダッタに似ているような。ミスターK とオルガが見る地図に描かれている地名がひらがなオンリー。漢字無し。バイクのオルガがかっこいい。波止場シーンの BGM のギターが素敵。レインボーマンの前に、指パッチンとアイビームで立ちはだかるはキャシー。そこにゴッド・イグアナも現れて・・・
第41話 クレジットに母親たみの名を見つけて安心する。指パッチン+アイビームのキャシー。もしかして指パッチンは発電装置なのか? ゴッド・イグアナに追いつめられるダッシュ7。なんとか振り切るもヨガの眠りへ。この回の目玉はなんといってもキャシーの涙。その色は何と・・・。単なる「サイボーグ」ではなくて「人間サイボーグ」というのがミソ。ヤッパの鉄は健在。今度の彼は牛乳配達、自転車とハンドルに下げた牛乳袋がなつかしい。キャシーがアクションシーンではミニスカートでないのが残念。防犯センサーの網を吸い取る装置や排気ガスに文字が浮かぶとか、小技がかっこいい。ゴッド・イグアナでピンチになって次回。
第42話 レインボーマンがやりで刺されてしまうのは初めてではないだろうか。負傷しながらも死ね死ね団を追いつめてやると決めたタケシは九州へ向かう。これがサブタイトル「~1000キロ」のことなのか。その前に淑江さんへのあいさつも忘れない。タケシの服装がロジャー・ダルトリーさん風。歌を歌って平和にしている若者たちと戦いに向かうタケシ。人間サイボーグとなったオルガとロリータ登場。フェリー上で、人間サイボーグを見てしまった新婚夫婦を助ける。別れたと思ったらまた出会うので、これは何かありそうだなと思わざるおえません。
第43話 前回からバイクを乗り回すタケシ。これは仮面ライダーの影響だろうか。ダイアナがサイボーグらしい銀色のジャケット。ギターを持ってホテル周辺を観光する新婚夫婦。人間サイボーグに追われていたことをすっかり忘れている。なんとホテルのショーで「僕だって人間だ~♪」を歌わされるタケシ。ホテルのロビーとかで黄色っぽい画質に変わるが、どうやら字幕が出るカットに限って変わっている様子。ケガが治らず術が使えないタケシ。久しぶりにダイバダッタの姿を見るが何もしてくれない。示現流の剣の師匠の元を訪ねるタケシ。どうやらおじいちゃんらしいが、「もう年だろ」とみくびって負けてしまい、「あせるな、雑念を捨てて無心になれ」と諭される。そして無心になったときダイバダッタが・・・。人々を救うと再び決心する姿は、九州という土地柄「西郷どん」とダブる。ロリータと戦うレインボーマン。月の化身登場。
第44話 開始早々ダイアナ対レインボーマン。フェリー登場。その甲板に立つ人はなんと淑江さんにみゆきに母。どうやら示現流のおじいちゃんに会いに来たようだ。ドクター・ボーグが修理したダイアナとキャシーと戦う。二人のサイボーグだから「アベック作戦」。やはり1対2は苦戦する。土の化身ダッシュ6登場。ヨガの眠りの中、ダイバダッタ登場して眠りながらの修行開始 。「人」「地」「天」の試練を受け、ダイバダッタがレインボーマン ダッシュ7となり、ダッシュ1から6までが登場。そして受けた新技が「合体の術」。おじいちゃんを含め家族団らんのタケシ。しかし楽しく食事をしていても気になってしまうのは死ね死ね団のこと。淑江さんと踊っていてもキャシーやダイアナの姿が見えてしまう。そして登場するキャシーとダイアナと合体の術で戦うのだ。
第45話 黒焦げになってしまったダイアナ。復しゅうを誓うキャシーはダイアナを担いで基地に戻る。彼女を追って基地に入るレインボーマン。すんなり目的を遂げられるわけでないのは当たり前。基地の中でドクター・ボーグが作っていたものは人間をサイボーグにするクスリ「ボーグ・アルファ」。その人体実験の過程がグロい。人間の身体が金属になるのだとしたらほとんど錬金術ではないだろうか。赤色の白熱電球がなんだかなつかしい。いくら辛くても母親や淑江さんたちを見送りたいタケシ。彼女たちはほんとうに遊びに来ただけだった。ミスターKとドクター・ボーグの関係がなんだか感動的。キャシーの戦いぶりも見事。
第46話 ドクター・ボーグの基地は壊滅して終わりと思ったが・・・そんなことがあるはずはない。ここからがミスターKのほんとうの計画らしい。彼が語るサイボーグとは機械ではなくて、命令に従う超人のことなのだろう。九州編は終わってここから東京物語。アツアツなタケシと淑江さん。「失敗したら死刑!」を言い渡されるダイアナ。いつの間に彼女はリペアされたのだろうか。ボーグ・アルファは金色のアンプルかと思ったら、そのまま銃弾に使われているところがすばらしい。ダイアナがもう少しというところゴッド・イグアナ登場。なんとか抜け出してダイアナと戦ったと思ったらまたゴッド・イグアナ。なかなか戦いの内容が濃い回。
最終シリーズにして美女軍団4人が輝く話し。戦いのために変ってしまった自分に苦悩する姿がすばらしい。高樹蓉子さんと藤山律子さん、そして曽我町子さんファンにはたまらないシリーズ。冷える。


GEOの紹介ページ
https://rental.geo-online.co.jp/detail-102602.html

愛の戦士レインボーマン サイボーグ軍団編2
愛の戦士レインボーマン サイボーグ軍団編1
愛の戦士レインボーマン モグラート編2
愛の戦士レインボーマン モグラート編1
愛の戦士レインボーマン M作戦編2
愛の戦士レインボーマン M作戦編1
愛の戦士レインボーマン キャッツアイ作戦編2
愛の戦士レインボーマン キャッツアイ作戦編1


共通テーマ:映画