So-net無料ブログ作成

大怪獣モノ [DVDやら映画やら]

何とかシェパードとか STAP ではなくてセタップとかどこかで聴いた話題がたくさん。会見のひそひそ話はささやき女将だろう。アイドルやゆるキャラとか目につくもの全部出してる感じ。怪獣を倒すため必殺技を特訓させるとかはとても昭和なストーリー。巨大化しても大丈夫なパンツの工夫が上手い。これはハルクも見習うべき。まむしさんのラジオ番組が出てくるのはやっぱりウルトラつながりだろうなあ。しかしそんなカメオっぽい役ではすまなかったところがすごい。安定の古谷敏さん。真夏竜さんにあそこまでさせるとは監督恐い。ちらっと出てくる堀内正美さんと顔の感じが似ている。裸の巨人が闘う設定なので、怪獣の着ぐるみの感じがキルトみたいで肌にやさしそう。新田陽出人が特訓するシーンの音楽がロッキーもどき。リサの革パンツのパッツパツ感がすばらしい。この人のアクションもキレキレでかっこいい。身体を回転するときもぶれてない。この映画で唯一まともそうだと思っていた忍道役の堀田眞三さんだが、指名と同伴見物でがっくし。堀田さんを見つめるアケミちゃんがいじらしい。次官を演じるウクレレえいじさんがけっこうかっこよかった。その菊池さんが見せるのが「フランケンシュタイン対地底怪獣」からの物まね。フランケンシュタインもほとんど裸だったし、その世界を今の時代で描きたかったのだろうか。そこに現実世界でいえば STAP 細胞を合わせるのがうまい。さりげなく発明の恐ろしさを語らせるところもすばらしい。ふざけ気味だからこそ「戦争の概念が変わる」とか「破滅への罠か」といった台詞が光る。おっぱいの上げ底の二度いじりもも面白い。バー薫で登場する女性がなんだか不思議な人だった。いちばんスカッとしたのは、環境保護団体シーンの「大変だ、でも何かすっとした」とか台詞のつっこみ。簡単な台詞だが実際に言わせるのは勇気がいりそう。他にも「自衛隊何やってんだ」とか「おばあさんなら○○はありえん」とか「ババアのくせに高齢○○」とか。人が食われるシーンが独特。ミニチュアそのものだが何度も登場すると癖になる。西條康彦さんがいつ登場するか探すのも面白い。星光子さんもちらっと登場するがちょっとさみしい。エンディングの歌が昭和ぽかった。なんだかキャバレー版ウィンク。「有限会社リバートップ」は、河=リバー、崎=さきっちょ=先端=トップ が由来だろうか。面白かった。晴れ・くもり・雨。


GEOの紹介ページ
https://rental.geo-online.co.jp/detail-410170.html


共通テーマ:映画