So-net無料ブログ作成

アウターマン [DVDやら映画やら]

1965年から放送を開始し、2015年まで代替わりしながら50年も続いている国民的特撮ヒーロー番組「アウターマン」。その番組にヒーロー役で出演していた足立ゼータと吉野シグマ、そして森脇オメガ。平成アウターマンだった彼らはスナックや雑貨店をやったり細々と暮らしている。そんなところに本物の巨人、アウターマンが現れて「みなさんの地球環境を改善する」と言う。この辺の台詞からしてあやしい。登場する新聞が「読捨新聞」。アウターマンは本物か?という論争で、海野十三さんの名前が出てくる。マニアさんたちがアウターマンの掲示板について語るシーンで、「いかレスラー」、「ヅラ刑事」、「ギララ」に「イコちゃん」の DVD とか、色々と宣伝のような小ネタが多数登場する。森脇オメガの鼻孔の大きさにおどろく。若い特撮ヒーローにまざって、ジライヤの筒井巧さんやウルトラマンレオの真夏竜さんが出ていた。おバカ映画とされているんでしょうが、「がんばれシルビー星人」と叫ぶ子供は、「王様は裸だ」と言う子供。「絆だかの裏でやばい事は隠すのが政府の~」など、色々と言いたいことを言わせてます。「プロパガンダ作戦」なんて台詞はバカ映画の中の真実。刷り込みなんていうのは大なり小なり、そこらへんにあるかもしれない。ウソでも言い続けたら本当のことになる話し。出自なんか分かったものではない。叩かなくてもホコリが出ることがある国に対するおバカの名を借りた告発映画。でも最後はシルビー星人のおちゃらけで終わるので、こんな抗議がいちばんいいかも。欠番の第何話とか、内容はちがうが「狂鬼人間」やスペル星人の回を思い起こさせる。面白かった。あられが降った。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-377049.html


共通テーマ:映画