So-net無料ブログ作成

愛の戦士レインボーマン キャッツアイ作戦編2 [DVDやら映画やら]

レインボーマン前半の面白さは、タケシのことを分かってくれる人がいないこと。恋人も先輩も警察も、誰も「死ね死ね団」の存在なんて誰も信じてくれない。だからタケシ一人で彼らに立ち向かうが、やっぱり悩む。死ね死ね団が証拠隠しのために放った火を、けん命に消そうとする水の化身にちょっと感動する。
第8話 レインボーダッシュセブンはいちばん強く思えるが実は弱い。なぜなら目がむき出しだから。ダッシュセブン以外は仮面ですから。そこに気づいた死ね死ね団のダイアナはえらい。土の化身は初登場かも。死ね死ね団がおでん屋をやっている。街中で凶暴になる人が出てくる中、ただ一人真相を知っているタケシは、ヨシエ他、誰にも信じてもらえず悩みます。ダイバダッタに励まされるタケシ。
第9話 タイトルからして恐ろしい。下着店で恥ずかしがるタケシ。そして死ね死ね団の女たちに捕まったタケシ。良いところが無い。女の団員が多いというのは大人の視聴者狙いなんでしょうか。黄色いダッシュ 1 登場。最もインドっぽい能力を持つ化身。「タケシも○チガイの仲間入りですよ」と医者が高笑いする精神病院がメインの回。
第10話 狂いながらもヨガの眠りに入るのは良い展開だと思う。先輩もやっと気づいてくれる。刑事といっしょに活躍します。証拠隠しのため燃え上がるキャッツアイ。ひとつでも残しておかなければ悪事の証拠にならない。水の化身になって、懸命に消火します。死ね死ね団の秘密基地は東京湾の小さな島にあるらしい。
第11話 死ね死ね団に刑事が撃たれ、ニュースがテレビ放送され、ついに彼らの存在が公になる記念すべき回。ミスター・K に怒られて、後が無いダイアナ他、女団員たち。でもデパートが混んでいてタケシを見失う。けっこうあせってます。この回では、母も妹もヨシエさんもドングリ園の園長も死ね死ね団のことを分かってくれる。良かったねえタケシ。タケシがヨシエさんに頼んだのは下着店に行くことだった。でも彼女は捕まってしまう。
第12話 日の丸の下で椅子に縛られているヨシエさん。レインボーマンが助けに来るが園長まで捕まってにっちもさっちもいかない。面白いのは母と妹が食事を用意して家で待っていることです。マカオのときもそうでした。この食卓シーンは欠かせません。ヨシエさんと園長を逃がすことに成功するも、なんと死ね死ね団の目の前でヨガの眠りに入ってしまう。
第13話 ヨガの眠り中のタケシを妹といっしょに処刑しようとする死ね死ね団。危機一髪助かるが、ミスター・K にヨガの眠りの秘密がばれてしまう。平穏が訪れたかと思ったら、なんと父親が生きているだって。
第14話 海の中でヨガの眠りとは良いアイデアです。キャッツアイ作戦が失敗に終わり、ミスター・K は日本人皆殺しどころではなくなった。まずはレインボーマンを何とかしないと。がんばれヤマトタケシ。
タケシの先輩役は、やっぱり小野武彦さんだった。だってすごい似てるんですもの。面白かった。でも次の作戦も面白かったような。晴れ過ぎだった。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-102597.html

愛の戦士レインボーマン サイボーグ軍団編2
愛の戦士レインボーマン サイボーグ軍団編1
愛の戦士レインボーマン モグラート編2
愛の戦士レインボーマン モグラート編1
愛の戦士レインボーマン M作戦編2
愛の戦士レインボーマン M作戦編1
愛の戦士レインボーマン キャッツアイ作戦編2
愛の戦士レインボーマン キャッツアイ作戦編1


共通テーマ:映画