So-net無料ブログ作成

EXILE 終末の子供たち(Exile) [DVDやら映画やら]

なんだか不思議な話しだった。天使、というかどうも変なやつに支配されている世界。その姿にもびっくり。親もいるがどうにも役に立ってはいなさそう。子供たちだけが外に出たり教育を受けている。親は天使の「祝福」を受けろと言う。母親同伴で祝福を受けるデビッド。しかも素っ裸。現れる天使が怖い。あきらかに地球上の者ではない。そして何をするかと思えば、おそらく・・・ちょっとグロイ。そう思うと最後に転がっているのが○コチンに見えたりします。どうやらこの「祝福」が必要なのは天使たちのようです。そして天使が急に「外界の者を迎え入れた・戦争をしかけてきたな」なんていうから、また訳が分からない。しかし辛抱して見ていると、ハハーンと分かってきます。外界っておそらくあのことなのね。ただ、それがなぜ天使たちにとって良くないことなのか、女先生が言う「・・・は一人」とかいうこと以外、具体的な説明がなかったと思いますが、とにかく容赦しないところを見ると致命的なことなんでしょう。ただ、子供たちは今の子供なら知ってそうなことを何も知らない。だから女の子は月のものも知らないし、子供ができるということもわからない。それは情報がないせいもあるが、親が天使のおかげですっかりダメになってしまったり、いなくなってしまって教えてもらえないせいでもある。未来の話しとはいえ、現代にも通じそうな話しです。前半は状況をつかむまでちょっと疲れましたが、後半過ぎからはドカドカやってくれます。よく分からなくて、ながらで二度見してしまった。面白かった。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-369143.html


共通テーマ:映画