So-net無料ブログ作成

パージ(The Purge) [DVDやら映画やら]

イーサン・ホークさんが演じる夫、ジェームズの家族がなんだかんだと言いながら頑張る映画。「Purge」とは CAD ソフトでもよくある機能です。図面データ内の参照せずに残った名前とかを消してデータをスリムにする機能ですが、そのとおりのことを人間に対して行ってます。途中までは言うこと聞かない子供らだなあとジェームズに同情してましたが、最後まで見てみれば子供らのやったことは正しかったのか。しかしチャーリーがあんなことしなければ、平穏に終わったかもしれない。この話しの大事なところは、自分の息子がパージに疑問を感じていたことで、子供に対しては「いいからやるんだよ」的な解決では、ずっとしこりが残ります。それだから映画として成立したんでしょうねえ。パージに賛同する人たちは自宅の前に青いスギの花を置きます。もしこれが置かれなかったどうなるんでしょうか。非国民ということでおそわれるのか。パージの目的は、国民のたまった衝動を吐き出させて犯罪をコントロールすることみたい。パージを行う者たちが口にするのは「アメリカ建国の父万歳」みたいなことで、パージすることは「魂の浄化」であり、これでアメリカ建国に貢献するらしい。でも近所の人は「恨みの浄化」などと言ってます。それも本音でしょう。ジェームズの家にやってきた「ブタを返せ」なんて言っているインテリなパージ参加者は、ホームレスとか貧困層を狙っていた。パーティー気分だったり、単純なうっぷん晴らしな者たちもいるんだろうが、あきらかに人口や階層の人々をコントロールするための行事。無職の人は減るし、社会保障の負担も軽くなるし、国の財政状況も良くなって、色々うるおい、国民の支持はどんどん高まる。そしてパージが終われば警備会社の株価が上がる。これはそんなアメリカの話しだった。でもいちばん怖いのはあの人たちだったのだという話しでもある。どこでどんな風に恨まれているか分からんもんです。お母さんのメアリーが、誰もあやめなかったのはちょっとずるかったかも。彼女がジェームズを説得したのに。でも最後のテーブルはスカッとしました。曇り・雨・晴れ。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-372052.html


共通テーマ:映画