So-net無料ブログ作成

ウルトラQ dark fantasy ダーク・ファンタジー Vol.1~6 [DVDやら映画やら]

ウルトラシリーズに入れていいのか分からないウルトラQ。でも面白い。なんといっても遠藤久美子さんがレギュラー。解決が難しい話しには明確なラストが無いところが良いです。2004年頃のドラマでさすがにみなさんちょっとは若い。遠藤さん+袴田吉彦さん+草刈正雄さんというのはすばらしい配役。草刈さん演じる渡来博士の、空想科学ドラマならではの科学的論説が楽しい。
第1話 初回は手堅くガラモンでというところか。渡来博士登場。
第2話 宝生舞さん。ピット星人な雰囲気もあります。袴田さんが少しロマンチック。宝生さん相手ではしょうがない。
第3話 脳だけの話しですが、結末が無いのが良い。
第4話 パズルピースが郵便で送られてくるというのが面白い。この話しは袴田さんが正しい。遠藤さんのロマンチックさが怖い。女性の顔が分からないところも面白い。
第5話 ヒエロニムスマシンの話し。渡辺典子さんが怒って消えるだけというもったいなさ。渡来博士登場。シュテインガーの猫の話しだと記憶していたが、ヒエロニムスマシンだった。
第6話 ユートピアの話しだろう。ここでいうその世界は「静かなところ」と考えて良いんでしょうか。配達人の石橋けいさんが良かった。楽園の人を襲う人たちの正体が不明ですが、そこが良いです。
第7話 ジャズ・ミュージシャンの話し。人間、最後には妖精を見るということか。野村広伸さんと子役の中村有沙の年の差ありすぎカップルがあぶない。
第8話 ウニトローダ星人となぎら健壱さんがメインの回。下町ロケットならぬ下町宇宙船。渡来博士登場。
第9話 さとう玉緒さんの話し。ありそうな話しの上にハッピーエンドという定番さかげんが面白い。
第10話 死神っぽい人の話し。食堂で親子丼を持ってくる女の子がおかしい。今回は袴田さんと遠藤さん、両名がロマンチック。考えてみると感情に左右される話しが多い。渡来博士登場。
第11話 願いがかなう代わりに何かを失う話し。お母さんを楽にするために望んだお金の代償はアレで、アレを返してと言ったら・・・ああ大変。ヒロインに対する徹底的な非情さとおバカな最後が面白い。渡来博士登場。
第12話 空から堕ちてきた隕石で始まる、呪われた村風味な話し。コンパクトな SF。田中美奈子さんが出てました。
面白かった。晴れ。

ウルトラQ VOL.1・2・3・4
ウルトラQ VOL.5・6・7
ウルトラQ dark fantasy ダーク・ファンタジー Vol.7~13
ネオ・ウルトラQ VOL.4~6
ネオ・ウルトラQ VOL.1~3


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-18145.html
http://rental.geo-online.co.jp/detail-19416.html
http://rental.geo-online.co.jp/detail-19417.html
http://rental.geo-online.co.jp/detail-21116.html
http://rental.geo-online.co.jp/detail-21117.html
http://rental.geo-online.co.jp/detail-23710.html


共通テーマ:映画