So-net無料ブログ作成

ゴジラ FINAL WARS [DVDやら映画やら]

懐かしそうな TOHO SCOPE で幕が開く、偉大な3名へ捧げられた映画。これだけで何かの記念的作品なんだなあと分かります。いきなり轟天号がゴジラに立ち向かうという、夢のような場面。ゴジラに所縁のある俳優さんが多数出てきます。昭和ゴジラからは宝田明御代に佐原健二さん、水野久美さん。中尾彬さんは平成ゴジラでよく見かけるような。火龍の高杉亘さんも平成メカゴジラに出てました。その豪華メンバーの中で松岡昌宏さんやケイン・コスギさんがスピード担当。早い飛ぶ跳ねる、まるで「マトリックス」。話しの内容は科学的考察の範ちゅうを超えた超SF。怪獣がひんぱんに現れるようになった世界。ミュータントに宇宙人に定番のメーザーに長澤まさみさんの小美人と何でもあり。X星人なので、最初は良い人、でも実は・・・といったパターンも含め、轟天号でおどろいたかと思ったら、今度は妖星ゴラス、今までのゴジラに「マトリックス」に「スター・ウォーズ」に「インデペンデンス・デイ」「Xメン」とかハリウッドでやっていたことを合わせてドーンといった特大バニラパフェ的な、ゴジラの締めくくりを派手にやってやろうというやる気満々の映画。タイトルロールは今までのゴジラのマッシュアップ。なんだか PV のよう。今度の博士は、菊川怜さんと佐原健二さん。菊川さんを守れと指令を受ける松岡さん。この関係は、若林映子女王を守った夏木陽介さんの雰囲気。ミュータントたちがエビラを「フライにしてこい」とは、もちろんエビフライに引っ掛けてますね。大槻教授に韮澤さんと、オカルト・SF 討論ではおなじみ方たちまで引っ張り出されてます。とにかくゴジラ対多数を楽しむ映画。キングシーサーにヘドラまで出てくる。ハリウッド版「ゴジラ」への当て付けが丸見えなジラはマグロばかり食べてるのですぐ負ける。妖星ゴラスとまで戦うとは想像を超えました。松岡さん対 X 星人は、覚醒とか何人とか「ドラゴンボール」のようです。モンスターX なんてまた適当なもの造ちゃってどうするの、とか思ってたらその正体は意外でした。そういえば怪獣がたくさん出てきましたけど、アレが出てなかったもんなあ。長澤さんの「わたし何やってんだろ」と言いたげな表情のお祈りポーズが楽しい。子供なら妄想したであろう、全部入りのゴジラ映画。でも残念ながらゴジラについてそうした妄想をする子供たちがあまりいなかったというのが現実だったのかも。それに約 2 時間は子供には長すぎかもなあ。しかし怪獣を全部入れたいからといって、ミニラまで入れるのはどうしたものか。子役を含めたお子様向けの話しが必要だったのか。この際、ミニラがゴジラの息子であるというのは忘れて、ピグモン的な存在に設定しなおしたら良かったんでは。なんと監督は北村龍平さんだった。「NO ONE LIVES」は面白かった。コハケンを相手にする DJ の人は、どこのプロレスラーかと思ったら監督だった。ちょっと音楽が軽快というかおしゃれすぎか。ゴジラと人間のバトルロイヤル。面白かった。

GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-31530.html


共通テーマ:映画