So-net無料ブログ作成

ソウルメン(SOUL MEN) [DVDやら映画やら]

Fワード連発のサミュエル・L・ジャクソンさんがソウルシンガー役をしているので見た。期待通りリズム&ブルースの定番とかが聴けてうれしい。牢屋の場面で、白人警官から「チャック・ベリー」と呼ばれるのに笑って良いのかどうだか迷う。特筆すべきはバーニー・マックさんの目玉と演技でしょうか。とっくに解散した3人組のボーカルグループのリード・ボーカル、マーカスが亡くなって、生きてる二人がアポロシアターでのコンサートを目指す内容ですが、劇中で亡くなったマーカスと実際のバーニー・マックさんが重なってしまってしまう。やってることは違ってましたがなんだか皮肉めいてしまいます。彼を知らない人は、なぜエンドロールで延々と彼のインタビューが入るのか不思議かもしれない。もともと入る予定の無い映像だったんでしょうし。アポロを目指すルイスとフロイド。カムバックといっても、太めになったり息切れしたり身体のキレがなくなっていたりと前途多難な出だし。でも段々と調子を取り戻すようすは「定番だなあ」と思ってしまうが、ジンときます。移動中のギグでは白人バンドが多いんですが、二番目の店はルイスがフロアで踊ったり・歌ったり、あとバイオリンのソロがあったり、けっこう良い感じです。二人の娘についての話しも、ちょっと察しはつきましたが、ほのぼのしてて良い感じ。ルイスとフロイドの性格設定が良い。特にフロイドの神経質そうで口ばかりで気が弱そうでへっぴり腰で感情的なところとか。挙げればどれだけダメなんだと思うのだが優しいところでチャラなんでしょうねえ。優しいところはルイスもいっしょですが。汚いアパートでのルイスの印税の話しとか、フロイドの別れた奥さんの家のなのに、なぜかルイスが罰が悪そうにするとか、色々な伏線もきっちり回収してくれます。ロード中のバンドが使っている楽器は Fender が多かったが、70年代ソウル時代の二人は、ダン・エレクトロのギターとベースを使ってました。後半で二人が話す、「マーカスがこうならなきゃ二度と会うことはなかった」云々に、実際葬式くらいでしか顔を合わせないこともあるだろうなあという思いがよぎる。なかなか人生を語る映画です。バーニーさんが亡くならなければ、エンドロールは二人+女性一人の再始動シーンで終わったかもしれないなあと思ったりする。マネージャー役の人も良かった。それから、あれは「ビロード・フ○○」というんだなあと勉強になった。吹き替えはいらないから、英語の字幕が欲しかった。面白かった。晴れすぎ。


ツタヤ ディスカス/TSUTAYA DISCAS の紹介ページ
http://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/dvd/goodsDetail.do?pT=0&titleID=1328174728


共通テーマ:映画