So-net無料ブログ作成

多羅尾伴内 [DVDやら映画やら]

東映映画。歌謡映画でもある。八代亜紀さん、アン・ルイスさん、キャッツ・アイさんの歌が聴ける。アンさんはステージでMCまでしてくれる。八代さんはクラブで歌ってます。いちばんの見所は穂高ルミさんのやられっぷりでしょうか。あんなものを間近で見たアンさんたちのトラウマはいかほどでしょうか。多羅尾伴内なので変装が多いんですが、小林旭さんを知るものからすると、白いギターを持って「昔の名前で出ています」を歌っているところが本当の姿か。歌もたっぷり聴けるのでうれしい。色々と見所はあるとして、なんといっても夏樹陽子さんと竹井みどりさんの二人が出ていることがすばらしい。出演者が東映オールスターズ+他という感じ。荒唐無稽なのは小林旭さんとマスクをかぶった犯人だけで、池部良さん、財津一郎さん、他の役者さんたちはいたって真剣に演じられています。この辺りの水と油感がこの映画の良いところかもしらんです。映画は娯楽作品だと割り切ってしまえば、荒唐無稽というのは必須の要素だったかもしれません。金田一シリーズよりも都会的だし、しっかりと色分けされてます。冒頭の野球場シーンは巨人の試合っぽい。ユニフォームの色合いを巨人に良く似せていて、実際に打っているのは王さんではないかなあ。池部良さんはクールです。良い奴か悪い奴かわからない役が上手いです。今でいえば谷原章介さんとか大沢たかおさんとかが近いかも。小林旭さんというか多羅尾伴内が劇中でギターを弾きますが、そのギターストラップの掛け方が粋です。T-ボーン・ウォーカーとかアルバート・コリンズとかがやっている、肩に引っ掛けるやり方。さすがブルースマン旭。犯罪に手を染めた理由は復讐なわけですが、そこにある民族を絡めます。話しとしてはどうしてもその民族である必要性はないので、おそらく伝説っぽい雰囲気を足したり、証拠品に謎を持たせたかったところでしょうか。その民族風酒場も出てきます。財津一郎さんといえば、ピアノ売ってチョーダイのテレビCMの人が似ているなあと思うこのごろ。面白かった。わりと晴れ。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-120036.html


共通テーマ:映画