So-net無料ブログ作成

エレキの若大将(Campus A-Go-Go) [DVDやら映画やら]

エレキ観たさで借りてしまった。やっぱりエレキは良いですなあ。TEISCO 提供のエレキ合戦ではみなさん TEISCO で、プロになったら、YAMAHA に MOSRITE。この辺の差が憎い。若大将が青大将の車に積んである TEISCO ギターを見て「高いの使ってんな」が清々しい。このギターがケース無しの裸というのもまた憎い。アイビーシスターズがリード楽器店にやってきて、「G線が切れたから替えて」とギターを持ってくる。そのとき、聞き取り間違いでなかったら、「弦は Gibson ね」と頼みます。ギターは TEISCO でも弦は Gibson なのよという意地らしさ。なんかの本で SMOKY を歌ってらっしゃる方が、Gaban の SG に Gibson の PU が付いていたことについて「俺はヘッドに Gibson と書いてあるほうが良かった」と言っていた。そうだよなあ、やっぱりブランドの存在は大きいなあ。もちろん映画の主役は若大将で、準主役は恋人と青大将。寺内タケシにジュリー藤尾、おまけに内田裕也さんといったミュージシャン、歌手の存在もニヤッとするところであるが、いちばんファンキーで目立つのは、若大将のおばあちゃんだろう。彼女の三味線と若大将のエレキセッションがとてもファンキー。若大将がどれだけ「ぼかぁ幸せだなあ~」の台詞を口にしようと、ニコニコしながら三味線を弾いている姿がいちばん幸せに見えます。エレキ合戦のテレビを観ながら踊るおばあちゃんは、「青春デンデケデケデケ」とか映画でよくあるシーン。しっかりお父上の上原謙さんも出てました。大学生が酔っ払って自動車事故やって、おまけに犯人身代わりとか笑ってられないとこですが、時代でしょうか、といって片付けてはいけないが突っ込んでもしょうがない。シリーズものの映画だと、家族構成とその役者さんが変わらなかったりするが、相手役の女性も変わらないというのが若大将の特徴か。面白かった。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-71444.html


共通テーマ:映画