So-net無料ブログ作成

棒の哀しみ [DVDやら映画やら]

この映画を観て何を考えるべきかというと、ほんとうはもっと別なところだろうと思うが、やはり永島暎子さんしかいない。この映画は彼女を中心に回っています。同じヤクザ映画というジャンルでも「竜二」では平穏な幸せだけを願う真面目な奥さん役でしたが、今回は愛人でやり手女性といったところか。奥田さん演じる主人公の田中は、気に食わない年下の兄貴分とか上納金とかに頭を抱えては、永島さん演じる芳江さんのところに足を運ぶ。女を手に入れたら芳江さんとこ、怪我をしても芳江さんとこ、部下と会うのも芳江さんとこ、もちろんエッチするのも芳江さんのところ、おまけに女性同士で・・・なんていうのも芳江さんのところに足を運ぶ。彼女なくして田中という人間は成り立たない。地球上で芳江さんが不在として、それは小さな変化かもしれないが、田中に影響を与え、そして本家とか大村組とか大川組とか、街社会すべてに影響していくだろう。彼女、つまり永島さん無しでは始まらない映画なのだ。ああ面白かった。視点がちょっとちがうヤクザ映画。高島さんも出ていますが、ちゃんと服を着ています。でもビデオをそのままダビングしたようなDVDだった。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-261760.html