So-net無料ブログ作成

ジョゼと虎と魚たち [DVDやら映画やら]

真理アンヌさんが観たくて借りた。麻雀やってました。それだけだった・・・。乳母車がけっこうホラーである。背後に現れたり、突然音がしたり、随所にホラー臭が感じられます。恋だの愛だの涙だのがなければ、心象的ホラー映画になったかも。とても性というか裸におおらかな映画である。江口のり子さんがボーイッシュ。恒夫くんこと妻夫木さんが、朝ご飯を食べはじめたときの疑い深い顔が、だんだんとにやけていくのに笑う。この映画の肝はクミコ=ジョゼさんこと池脇千鶴さんの声です。読んでいる本の内容までしゃべってくれるので、音というか声だけ聴いても楽しめる映画。でもいきなり金髪のカツラをかぶったりするのは観ないとわからない。恒夫くんのパーカー+スクーター姿がモッズっぽくて良い感じ。Tシャツはジョーン・ジェットだった。恒夫くんとジョゼさんのエッチもどうかと思ったが、案外これがリアリティというやつか。弟が働く楽器屋さんにカート・コバーン仕様のアコギがぶら下がっていた。たぶんアイバニーズかなあ。上野樹里さんがジョゼさんを待ち伏せするところで、ああこの人は恒夫くんに本気だったんだなあと思う。けっこうツンデレな人だったのか。白いカツラの彼女は黒い眉毛が目立って、ちょっと滑けいである。ジョゼさんはなぜ車いすではなくて乳母車だったのか。それはオバアが彼女を隠したいためだ。しかし彼女にとっては部屋とか押し入れとか、家の延長でもあったんではないかなあ。気になるのは、要らなくなった乳母車を見る近所の女の子の目です。女の子にとって、それがただひとつの大人との接点だったのか。ジョゼさんの幼なじみのエピソードは要らんかったかなあ。それよりも、ジョゼさんの身体がどうなって悪くなったのか説明があると、さらに感情移入ができるかも。後は別れの理由かなあ。男女の別れの現場を見せては、恋愛話色が濃くなってしまうから削除されたのか。弟の「兄ちゃん、ひるんだと?」が鋭い指摘。最後、ジョゼさんが一人で食事を準備するときの表情が良い。あと、ゆで卵が食べたくなる。エンドロールは歌ではなくてギターだけのインストが良かった。いちばん驚いたのは、原作が田辺聖子さんだったことか。面白かった。といっても10年以上前の映画であった・・・。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-15759.html


共通テーマ:映画