So-net無料ブログ作成
Making 記事一覧
2017年07月27日:  Making HB 15
2017年07月03日:  Making HB 14
2017年06月23日:  Making HB 13
2017年06月17日:  Making HB 12
2017年06月08日:  Making HB 11
2017年06月04日:  Making HB 10
2017年05月29日:  Making HB 9
2017年05月22日:  Making HB 8
2017年05月14日:  Making HB 7
2017年05月06日:  Making HB 6
2017年04月29日:  Making HB 5
2017年04月25日:  Making HB 4

Making HB 15 [Making]

塗装とかの続き


マホガニーのブリッジウッドはどうしようかと考えていたが、目止め無しのシーラーのみにしてみる。ウッドシーラー塗布。

bgb0276.JPG

ブリッジウッドにオイル塗布。1回目。

bgb0277.JPG

ブリッジウッドにオイル塗布。2回目。

bgb0278.JPG

ブリッジウッドにオイル塗布。3回目。といってもぜんぜん変わって見えない。

bgb0279.JPG

ブリッジウッドにオイル塗布。4回目。

bgb0280.JPG

ブリッジウッドにオイル塗布。5回目。光のかげんかツヤも見える。

bgb0281.JPG

各パーツをアースに落とすためにテープを貼る。カッパーテープを 50cm 切り、さらに 1cm 幅に切る。

bgb0282.JPG

貼り始める。

bgb0283.JPG

ぐるっと貼って一周する。

bgb0284.JPG

テールピース接地用のテープ。

bgb0285.JPG

ジャックプレートとジャックを取付ける。

bgb0286.JPG

位置を合わせるときは、実際にシールドプラグを挿して試してみる。変な位置に付けると、プラグが当たる接点が反ったときにボディに当たる・・・

bgb0287.JPG

コントロールプレートやボリュームポッドとか。

bgb0288.JPG

プレートに取付る。

bgb0289.JPG
ボディに取付る。

bgb0290.JPG

見る角度を変えてみる。

bgb0291.JPG

中から見る。左側の縦のテープは、コントロールプレートを接地するもの。

bgb0292.JPG

XOTIC/XP-OG1(Xotic Oil Gel:60ml)【エキゾチック】

XOTIC/XP-OG1(Xotic Oil Gel:60ml)【エキゾチック】



SCUD CTS製ポット ミリサイズ互換品 250KΩ/Aカーブ CTS-A250MM

SCUD CTS製ポット ミリサイズ互換品 250KΩ/Aカーブ CTS-A250MM



SCUD ( スカッド ) 国産 ボリュームポット/POT-500B

SCUD ( スカッド ) 国産 ボリュームポット/POT-500B 500kオーム Bカーブ ポットガリ修理に!



SCUD STタイプノブ、ボリューム、インチサイズ ホワイト KW-240VI

SCUD STタイプノブ、ボリューム、インチサイズ ホワイト KW-240VI



SCUD シャーラー・ロックピン対応エンドピン、2P クローム EP13C

SCUD シャーラー・ロックピン対応エンドピン、2P クローム EP13C



SCUD エンドピン、フェンダータイプ、2P クローム EP-2C

SCUD エンドピン、フェンダータイプ、2P クローム EP-2C



SCUD Switchcraft社製オープンジャック モノラル OJ-120

SCUD Switchcraft社製オープンジャック モノラル OJ-120



SCUD ( スカッド ) サイドジャックプレート JP-20C ( クローム ) ギター修理に!

SCUD ( スカッド ) サイドジャックプレート JP-20C ( クローム ) ギター修理に!





タグ:Xotic Oil Gel

共通テーマ:映画

Making HB 14 [Making]

塗装とか


ボディにウッドシーラー塗布。

bgb0249.JPG

トップにもウッドシーラー塗布。

bgb0250.JPG

パーツにもウッドシーラー塗布。

bgb0251.JPG

ボディとパーツにラッカーサンディングシーラー塗布。

bgb0252.JPG

トップにもラッカーサンディングシーラー塗布。

bgb0253.JPG

ボディーの表面を光沢が消えるくらいに磨く。

bgb0254.JPG

きれいに削り粉を拭き取る。拭き取る布はダークな色の方が粉が目立つ。

bgb0255.JPG

トップも磨いて、

bgb0256.JPG

削り粉を拭き取る。

bgb0257.JPG

トップはもう一回ラッカーサンディングシーラーを塗った。

bgb0258.JPG

また磨いて拭き取り掃除。

bgb0259.JPG

ボディにオイル塗布。1回目。

bgb0260.JPG

パーツにもオイル塗布。1回目。

bgb0261.JPG

トップにオイル塗布。1回目。

bgb0262.JPG

ボディにオイル塗布。2回目。

bgb0263.JPG

トップにオイル塗布。2回目。

bgb0264.JPG

ボディにオイル塗布。3回目。

bgb0265.JPG

トップにオイル塗布。3回目。

bgb0266.JPG

パーツにオイル塗布。2回目塗って3回目。

bgb0267.JPG

ボディを磨く。それぞれの塗布の間には軽く磨いている。

bgb0268.JPG

トップも磨く。

bgb0269.JPG

ボディにオイル塗布。4回目。

bgb0270.JPG

トップにオイル塗布。4回目。

bgb0271.JPG

パーツにオイル塗布。4回目。

bgb0272.JPG

試しに水で拭いてみると、ちゃんと水をはじいてくれた。

bgb0273.JPG

ボディにオイル塗布。5回目。

bgb0274.JPG

トップにオイル塗布。5回目。

bgb0275.JPG

何回塗っても、写真ではあまり変り映えがしないのだった・・・


XOTIC/XP-OG1(Xotic Oil Gel:60ml)【エキゾチック】

XOTIC/XP-OG1(Xotic Oil Gel:60ml)【エキゾチック】





タグ:Xotic Oil Gel

共通テーマ:映画

Making HB 13 [Making]

塗装とか


塗装前に表面を研磨、きれいにする。

bgb0233.JPG

裏のメイプルはとの粉で目止めしないのでマスキングする。

bgb0234.JPG

との粉を塗って、刷り込んで、乾かして、

bgb0235.JPG

磨く。

bgb0236.JPG

また塗って、刷り込んで、乾かして、

bgb0237.JPG

磨く。これを4回繰り返す。

bgb0238.JPG

目止めと並行して塗装の確認のためにテストしてみる。
マホガニーの端材を準備する。

bgb0239.JPG

メイプル、スプルースも準備する。マホガニーは目止めする。

bgb0240.JPG

使うのはよくあるウッドシーラー。

bgb0241.JPG

これもよくあるラッカーサンディングシーラー。

bgb0242.JPG

これは XOTIC OIL GEL。

bgb0243.JPG

マホガニーの例
左上: 目止め→ウッドシーラー→XOTIC OIL GEL
右上: 目止め→XOTIC OIL GEL
左下: 目止め→ラッカーサンディングシーラー→XOTIC OIL GEL
右下: 目止め→ウッドシーラー→ラッカーサンディングシーラー→XOTIC OIL GEL
XOTIC OIL GEL は1回塗りだが、質感でいくと左下のものが良かった。

bgb0244.JPG

結局、
マホガニー: 目止め→ウッドシーラー→ラッカーサンディングシーラー→XOTIC OIL GEL
スプルース:ラッカーサンディングシーラー→XOTIC OIL GEL
メイプル:ウッドシーラー→ラッカーサンディングシーラー→XOTIC OIL GEL
にした。
シーラーを入れると黄変が少しやわらぎ、サンディングシーラーを入れると質感が良くなるような。
後は XOTIC OIL GEL の塗り方次第か。

bgb0245.JPG

塗装前にブリッジ・PUプレート用の裏のPUカバーが当たるところを少し掘る。

bgb0246.JPG

木を当てて。

bgb0247.JPG

トリマーで掘る。これで PU位置を上に上げられる。

bgb0248.JPG

リョービ(RYOBI) 卓上バンドソー TBS-80 674000A

リョービ(RYOBI) 卓上バンドソー TBS-80 674000A



リョービ(RYOBI) ベルトディスクサンダ BDS-1010

リョービ(RYOBI) ベルトディスクサンダ BDS-1010



リョービ(RYOBI) 電子トリマ TRE-60V 軸径6mm 628616A

リョービ(RYOBI) 電子トリマ TRE-60V 軸径6mm 628616A



大日商 ガイドべアリング付ストレートビット 6×10S10 030796

大日商 ガイドべアリング付ストレートビット 6×10S10 030796



大日商 ガイドべアリング付ストレートビット 6×10L25 030789

大日商 ガイドべアリング付ストレートビット 6×10L25 030789





共通テーマ:映画

Making HB 12 [Making]

Fender スタイルのネックと Gibson スタイルのブリッジでは、当たり前ですが R が約10インチと12インチで違っている。それでブリッジ側を調整する。
細い丸棒ヤスリがない。ナットの溝切りはあるが、金属にはもったいない。
そこで考えたのがこのコンピングソー。

bgb0216.JPG

削るというか切る。

bgb0217.JPG

だいたい 10 インチくらいになったと思う。

bgb0218.JPG

ブリッジをワッシャ 3、4枚を重ねてかさ上げしていたが、このためではないかもしれないけれど共振みたいな感じがしないでもない。
そこでメイプル端材から台を作る。
切り出し。

bgb0219.JPG

厚み調整。3mmくらいにする。

bgb0220.JPG

整形する

bgb0221.JPG

取り付ける。音が木っぽくなったような・・・・

bgb0222.JPG

裁縫する。
ずいぶん前にユザワヤで買ったチロリアンテープ。

bgb0223.JPG

両端を縫って糸がほつれないようする。

bgb0224.JPG

輪に縫う。

bgb0225.JPG

スポンジを入れてテープ幅の両端を縫う。

bgb0226.JPG

こんな風に、テールピースとブリッジ間の共振止めにする。
普通に弾いているうちは不要だが、力の限り弾くとテンションのせいか気になる。
1 ~ 3弦にだけに当ててもいいかもしれない。

bgb0227.JPG

試しにアコースティックギターのようなブリッジを作ってみる。
削って、

bgb0228.JPG

整形して、

bgb0229.JPG

付けてみる。しかしどうってことはない。ブリッジ~テールピース間のテンションが緩いせいかもしれない。

bgb0230.JPG

塗装前にサイドジャック用の穴を開ける。

bgb0231.JPG

飾り用パーツの止めネジがボディ端ギリギリになっていたのでパッチする。

bgb0232.JPG

♭作っているのだか直しているのだかぁぁぁぁぁ

リョービ(RYOBI) 卓上バンドソー TBS-80 674000A

リョービ(RYOBI) 卓上バンドソー TBS-80 674000A



リョービ(RYOBI) ベルトディスクサンダ BDS-1010

リョービ(RYOBI) ベルトディスクサンダ BDS-1010






共通テーマ:映画

Making HB 11 [Making]

前のギターのときに削ってしまったテレキャスターPU 用のテンプレートを補修する。
エポキシパテを盛る。

bgb0178.JPG

整形する。

bgb0179.JPG

きれいにする。

bgb0180.JPG

バインディングテープを貼る。

bgb0181.JPG

余計なものをカット。余ったテープをもう一回巻いて終了。

bgb0182.JPG

♭作っているのだか直しているんだか・・・

アームレストや飾り用パーツの続き。いよいよボディに止める。
厚みとかを調整する。

bgb0183.JPG

他のパーツも調整する。

bgb0184.JPG

パーツは細いネジで止める。目立たないようにブロンズ色にする。

bgb0185.JPG

ネジがのり代に重なるように気をつけて止める。

bgb0186.JPG

アームレスト部。

bgb0187.JPG

こんな外観になった。

bgb0190.JPG

これで最終とするか踏ん切りがつかないので他の事をする。
ブリッジ・PU プレートに PU 用の穴を開ける。
PU は色々考えた結果、Strat シングルコイルサイズにした。
テンプレートを作る。
トリマー台を準備。

bgb0191.JPG

穴あけ。ベニヤは削りカスがむちゃくちゃ細かい。ほとんど粉。

bgb0192.JPG

整形。

bgb0193.JPG

完成。

bgb0194.JPG

トリマーでルーティング。

bgb0195.JPG

PU が取りつく様子。ちょっといびつになってしまったか?

bgb0196.JPG

アームレストや飾り用パーツ再び。
右下にひとつ増やす。
端材からパーツ切り出し。

bgb0197.JPG

サンダーで整形。

bgb0198.JPG

前回でネジで取り付けたとき、のり代部分からはみ出してしまったので、ネジが取りつくようにパッチする。

bgb0199.JPG

♭作っているのだか直しているのだか・・・

bgb0200.JPG

トップで 2 か所開けてしまったところのひとつをふさぐ。

♭作っているのだか直しているのだか・・・・・・・

外観。ちょっと締まってきたのではないかと思う・・・・あまり変わらないか。

bgb0201.JPG

しばらく放っておくが、ちょっと足りないと思う。
アームレスト部をもう少し印象的にしようと考える。
またまた端材をギュッと接着し合わせる。この小さい部品にいったい何ピース使っているのやら。

bgb0203.JPG

くっついたもの。

bgb0204.JPG

こんな感じにしたい。

bgb0205.JPG

もとのパーツに継ぐので、パーツ端を整形。

bgb0206.JPG

押さえつけた状態でクランプして接着。

bgb0207.JPG

こんな風になる。

bgb0208.JPG

整形する。しかし・・・外側を削りすぎてしまった。

bgb0209.JPG

もう一回端材を接着する。

bgb0210.JPG

整形して仕上げ。これだけで合計 8 ピースになってしまった。

bgb0211.JPG

外観。きりが無いのでこれで終わりにする・・・。

bgb0212.JPG

全体像

bgb0214.JPG

リョービ(RYOBI) 卓上バンドソー TBS-80 674000A

リョービ(RYOBI) 卓上バンドソー TBS-80 674000A



リョービ(RYOBI) ベルトディスクサンダ BDS-1010

リョービ(RYOBI) ベルトディスクサンダ BDS-1010



リョービ(RYOBI) 電子トリマ TRE-60V 軸径6mm 628616A

リョービ(RYOBI) 電子トリマ TRE-60V 軸径6mm 628616A



大日商 ガイドべアリング付ストレートビット 6×10S10 030796

大日商 ガイドべアリング付ストレートビット 6×10S10 030796



大日商 ガイドべアリング付ストレートビット 6×10L25 030789

大日商 ガイドべアリング付ストレートビット 6×10L25 030789



フランクリン 木工用接着剤 タイトボンドIII

フランクリン 木工用接着剤 タイトボンドIII 16oz 473ml



フランクリン 木工用接着剤 タイトボンド

フランクリン 木工用接着剤 タイトボンド オリジナル 16oz 473ml



フランクリン タイトボンド リキッドハイドグルー

フランクリン タイトボンド リキッドハイドグルー(液体にかわ) 8oz(260g)





共通テーマ:映画

Making HB 10 [Making]

ネックの加工と他色々


ネックジョイント部の穴をメイプル棒で埋める。木ねじではなく、ボルトを使うのでナットを埋め込む準備。

bgb0143.JPG

埋め木が乾いたのではみ出ているメイプル棒を切る。

bgb0144.JPG

平らにして穴あけし、鬼目ナット 4mm 埋め込むが早速失敗する。バチモンの六角レンチを使ったためと、ナットがけっこう柔かった。

bgb0145.JPG

どうにも取れないので、瞬間接着剤を用意する。

bgb0146.JPG

小ねじに瞬間接着剤をつけて鬼目ナットにねじ込み、逆回しにして取ることを考える。

bgb0147.JPG

しかしダメだった。

bgb0148.JPG

結局鉄鋼用の刃先を使って鬼目ナットを壊すことにする。

bgb0149.JPG

木部を壊さずに鬼目ナットが取れた。

bgb0150.JPG

取れた鬼目ナット。また補修かと思っていたので幸運だった。

bgb0151.JPG

今度はちゃんとしたレンチで力加減しながらていねいに締めこむ。

bgb0152.JPG

やっと締めこみ終わった。
♭作っているのだか直しているのだか・・・・・・・・・・・・・・・・・・

bgb0153.JPG

ボルトでぴったり締まった。

bgb0154.JPG

トップ板の裏側に、バンドソーで切った時にできたであろう欠け箇所が見られるので補修する。
パッチして

bgb0155.JPG

押さえる。後できれいにする。
♭作っているのだか直しているのだか・・・・ああ

bgb0156.JPG

ネックジョイントプレート部分の小さな欠けが気になるので直す。
パッチして押さえて乾いたら、

bgb0157.JPG

きれいにする。
♭作っているのだか直しているのだか・・・・うううう

bgb0158.JPG

ブリッジ・PU プレートの欠けも見つけてしまったので直す。
パッチして押さえて乾かして、

bgb0159.JPG

きれいにした。
♭作っているのだか直しているのだか・・・ああ

bgb0160.JPG

ブリッジはがっちりとインサートナットとボルトで固定する。

bgb0161.JPG

ローズウッド指板ネック取付時の外観。

bgb0162.JPG

メイプルネック取付時の外観。

bgb0163.JPG

1・2・3弦のチューナーポストの高さを弾くするため、シムを作成する。
貼り合わせるメイプル端材の調整。もったいないんで切れ端を使う。

bgb0164.JPG

貼り合わせる。

bgb0165.JPG

適当な大きさに切ってヘッド裏に当て、チューナーポストの穴に合わせて穴開けする。

bgb0166.JPG

整形。

bgb0167.JPG

ヘッド裏に当ててみる。

bgb0168.JPG

高さを確認する。

bgb0169.JPG

もうちょっと薄くしてチューナーポストを上げてみる。

bgb0170.JPG

更に整形。

bgb0171.JPG

ヘッド裏に当ててチューナーキーを取り付ける。
ネジ穴を開けて締めてみるが、最後のネジがねじ切れる・・・
♭作っているのだか直しているのだか・・・ううう

bgb0172.JPG

プライヤーでネジを取り去って、

bgb0173.JPG

今度は無事終了。

bgb0174.JPG

高い弦はもったいないので、安い弦を買ってくる。

bgb0175.JPG

中身はこんな感じ。

bgb0176.JPG

弦を張る。1 弦が 2 センチくらいしか余らなかった。

bgb0177.JPG

リョービ(RYOBI) 卓上バンドソー TBS-80 674000A

リョービ(RYOBI) 卓上バンドソー TBS-80 674000A



リョービ(RYOBI) ベルトディスクサンダ BDS-1010

リョービ(RYOBI) ベルトディスクサンダ BDS-1010



フランクリン 木工用接着剤 タイトボンドIII

フランクリン 木工用接着剤 タイトボンドIII 16oz 473ml



フランクリン 木工用接着剤 タイトボンド

フランクリン 木工用接着剤 タイトボンド オリジナル 16oz 473ml



フランクリン タイトボンド リキッドハイドグルー

フランクリン タイトボンド リキッドハイドグルー(液体にかわ) 8oz(260g)





共通テーマ:映画

Making HB 9 [Making]

ボデイの加工色々


バックを貼り付けたあと、
ネックポケットのボルト穴をバックまで貫通させたが写真がなかった。
バックのエッジにトリマーでアールを付けたが写真がなかった。
テンプレートを作って、ネックジョイントプレートがの厚み分をトリマーで彫りこむ。

bgb0116.JPG

下敷き付きのネックジョイントプレートにするかもしれないので、深めに彫った。

bgb0117.JPG

ストップテールピースのアンカー用鬼目ナットを挿入。
穴あけ。

bgb0118.JPG

鬼目ナットを挿入。これはトップ固定を兼ねる。

bgb0119.JPG

ネックエンドのブロックにトップ取付用の鬼目ナットを挿入。

bgb0120.JPG

ボディ部細工終了。

bgb0121.JPG

ボディにネックを取り付けてみた様子。

bgb0122.JPG

bgb0125.JPG

bgb0126.JPG

ブリッジウッドの高さ調整。ボディの深さに合わせてバンドソーで切る。

bgb0127.JPG

ネックポケットに角度付きシムを入れたりして、ブリッジの高さとかを色々考える。
シム有り。

bgb0128.JPG

シム無し。今回はシム無しで調整する。

bgb0129.JPG

生音の散乱を調整するため、トーンバーを貼り付ける。これは弦の張力に対する補強も兼ねる。
トーンバーは、バックで使ったメイプル端材を合体させて作った。
貼り付ける。作業台を作っておくと、下側の養生用当て木を気にしなくていいので作業効率が良くなる。

bgb0130.JPG

貼り付け完了。後で削って高さを調整する(かもしれない)。

bgb0131.JPG

ブリッジウッドとメイプル台の接触をなるべく狭いエリアに集中させるため、下部をトリマーでカットする。

bgb0132.JPG

ネックポケットにシムは要れないことを考えて、ブリッジ下部をトリマーで彫り込む。いわゆる Fender スタイルの構造では、ギブソンスタイルのブリッジは高さが高すぎる。
ガイドのベニヤを当てる。

bgb0133.JPG

彫った。

bgb0134.JPG

この部分にブリッジ下部の出っ張りが入り込む。

bgb0135.JPG

アームレストや飾りを兼用する部品を、ボディの外周を切り出したときに出た端材を使って作成する。

bgb0136.JPG

接着する。

bgb0137.JPG

切る。

bgb0138.JPG

こんな感じで当たる。

bgb0139.JPG

整形する。

bgb0140.JPG

四つ必要。

bgb0141.JPG

大体こんな感じか。考えながらやると(適当にやると)だんだん小さくなってしまう。

bgb0142.JPG

リョービ(RYOBI) 卓上バンドソー TBS-80 674000A

リョービ(RYOBI) 卓上バンドソー TBS-80 674000A



リョービ(RYOBI) ベルトディスクサンダ BDS-1010

リョービ(RYOBI) ベルトディスクサンダ BDS-1010



リョービ(RYOBI) 電子トリマ TRE-60V 軸径6mm 628616A

リョービ(RYOBI) 電子トリマ TRE-60V 軸径6mm 628616A



大日商 ガイドべアリング付ストレートビット 6×10S10 030796

大日商 ガイドべアリング付ストレートビット 6×10S10 030796



大日商 ガイドべアリング付ストレートビット 6×10L25 030789

大日商 ガイドべアリング付ストレートビット 6×10L25 030789





共通テーマ:映画

Making HB 8 [Making]

バック貼付け前の準備と貼付け



バックのメイプル残材を使って、トップ裏に補強を貼り付ける。
バンドソーで切り出し、整形して、

bgb0102.JPG

トップ裏に貼り付け。

bgb0103.JPG

バックの貼り付け準備。
ネックのレベルアイアンで接着面の平面調整。

bgb0104.JPG

しかし、貼り付け前にしておいた方が良いことがたくさんあった。
まずは不要部分をカット。

bgb0105.JPG

テールピース部を受ける部材検討と、その前にトリマーで削ってしまった部分をパッチ。接着してクランプで押し付ける。

bgb0106.JPG

サンディングして修正。

bgb0107.JPG

パッチできた。

bgb0108.JPG

♭作っているのだか直しているのだか分らん・・・

サイドブロックにテールピース部を受ける部材2個を追加接着。
ブランコテールピースにしようと思ったが、アンカーを埋めてストップテールピースを使うことにした。
部材を接着してクランプで締め付ける。

bgb0109.JPG

メックポケット部分で使ったマホガニーブロックのハギの色違いがすごく気になるので、似た色の部材を埋め込む。

bgb0110.JPG

見える部分だけで良いので、小さなパッチを作る。

bgb0111.JPG

その形のとおりに彫って、パッチを接着。

bgb0112.JPG

クランプで締めて、くっついたら上部分を削って完了

bgb0113.JPG

前よりは目立たなくなった。

bgb0114.JPG

♭作っているのだか直しているのだか・・・

バックを貼る。少し位置直しができるように緑のタイトボンドを使う。気が付くとほとんど写真を撮っていなかった。

bgb0115.JPG

フランクリン 木工用接着剤 タイトボンドIII

フランクリン 木工用接着剤 タイトボンドIII 16oz 473ml



フランクリン 木工用接着剤 タイトボンド

フランクリン 木工用接着剤 タイトボンド オリジナル 16oz 473ml



フランクリン タイトボンド リキッドハイドグルー

フランクリン タイトボンド リキッドハイドグルー(液体にかわ) 8oz(260g)



リョービ(RYOBI) 卓上バンドソー TBS-80 674000A

リョービ(RYOBI) 卓上バンドソー TBS-80 674000A





共通テーマ:映画

Making HB 7 [Making]

バックの準備


バックの切り出し。アイチ木工さんのメイプル材を使用。
外周を描く。

bgb0083.JPG

バンドソーで切り出し。

bgb0084.JPG

トップのブリッジ・PU部くり抜き用のテンプレート作成。
同時にブリッジ・PUプレート用のテンプレートも準備。

bgb0085.JPG

トップの加工


トップのくり抜き。
トップにテンプレートを当てる。

bgb0086.JPG

トリマで切り抜く。もう引き下がれない。

bgb0087.JPG

切り抜いた。切り抜いて良かったのか・・・・と悩んでもしようがない。

bgb0088.JPG

ブリッジ周りの加工


メイプル端材からトリマーでブリッジ・PUプレートを切り出す。バンドソーを使うよりきれいなので助かる。

bgb0089.JPG

メイプル端材から、ブリッジウッドを受けるメイプル台を切り出し、穴あけ。

bgb0090.JPG

メイプル台を貼り付け。

bgb0091.JPG

クランプ+穴が開いているのでボルトで圧接。

bgb0092.JPG

サイドブロックを切り出したマホガニーの残材からブリッジウッドを切り出す。ブリッジ・PUプレートを仮止めして、鬼目ナット挿入。

bgb0093.JPG

鬼目ナット挿入完了。

bgb0094.JPG

手直し


気になるのでネックポケット部の、ほんの少しのすき間を補修。
すき間を埋める板を切り出して整形する。

bgb0095.JPG

厚みを調整する。

bgb0096.JPG

ネックポケットに接着。

bgb0097.JPG

同様にトップのネックポケット部用のパッチを作成。うまく合わせて、

bgb0098.JPG

必要分を切り出す。

bgb0099.JPG

接着。

bgb0100.JPG

最後にトリマーとかで整形。
きれいに出来たが、これで0.5mmくらいセンターがずれる・・・

bgb0101.JPG

♭作っているのだか直しているのだか・・・・同じことばかりやっているような世界。


リョービ(RYOBI) 卓上バンドソー TBS-80 674000A



リョービ(RYOBI) 電子トリマ TRE-60V 軸径6mm 628616A



大日商 ガイドべアリング付ストレートビット 6×10S10 030796



大日商 ガイドべアリング付ストレートビット 6×10L25 030789



フランクリン 木工用接着剤 タイトボンドIII 16oz 473ml



フランクリン 木工用接着剤 タイトボンド オリジナル 16oz 473ml







共通テーマ:映画

Making HB 6 [Making]

手直し+ボディのルーティング


削ってしまったネックポケットのテンプレートを修理。
エポキシパテで埋めて、整形する。

bgb0071.JPG

クリーニングした後、直接ベアリングとかが当たらないようにバインディングテープを貼る。微妙なポケット幅を調整するのにもテープは便利かもしれない。

bgb0072.JPG

♭作っているのだか直しているのだか・・・

ガイドべアリング付ストレートビットの新しいベアリングが届く。

bgb0073.JPG

さすがにピカピカで気持ち良い。今までの真っ黒のやつとは全然違う。

bgb0074.JPG

ネックポケット修正続き。
修正したテンプレートを当てる。

bgb0075.JPG

新しいベアリングを使う。

bgb0076.JPG

新しいベアリングは回転がスムースで、テンプレートにダメージが無い。

bgb0077.JPG

トップ用のルーティング。
テンプレートは新しいベアリングのビットで製作済み。
テンプレートを当てて彫り始める。新しいベアリングはすいすい進んで気持ち良い。しかしこんなときに限って失敗するもの。

bgb0078.JPG

しかしテンプレートからトリマがちょっと傾いてしまったりして削れた箇所あり。

bgb0079.JPG

♭作っているのだか直しているのだか・・・・・・

トップの準備


トップの外周切り出し。外周を描く。

bgb0080.JPG

バンドソーで切り出す。

bgb0081.JPG

トップのネックエンド部を、ボディに合わせてトリマーで切削する。

bgb0082.JPG


リョービ(RYOBI) 卓上バンドソー TBS-80 674000A



リョービ(RYOBI) 電子トリマ TRE-60V 軸径6mm 628616A



大日商 ガイドべアリング付ストレートビット 6×10S10 030796



大日商 ガイドべアリング付ストレートビット 6×10L25 030789






共通テーマ:映画

Making HB 5 [Making]

ルーティングの準備+手直し多数


トリマーを使う作業の他にできることをやっておく。
トップのルーティング前に。端材でブロックにのり代追加。

bgb0059.JPG

テンプレートを当ててみて、トップののり代を確認。

bgb0060.JPG

ネックポケットの修正。広く削ってしまった部分と焦げを直す。

bgb0061.JPG

♭作っているのだか直しているのだか。

パッチ材料を補修箇所に合わせて準備する。

bgb0062.JPG

タイトボンドを接着。がっちり押さえる。

bgb0063.JPG

接着後。トリマーのベアリングが届いたら余計な部分を削り取る。

bgb0064.JPG

トップのルーティング用テンプレートにベニヤを貼り合わせて厚くする。
コニシボンドをいっぱいつけて、

bgb0065.JPG

接着する。トリマーのベアリングが届いたら内側をくりぬく。

bgb0066.JPG

いったい、作っているのだか直しているのだか分からないこと多数。

トップ材の用意



アイチ木工さんのスプルース材を使用。
突き合わせ部分のサンディング。

bgb0067.JPG

ネックのレベルアイアンに合わせてサンディングし、突き合わせ部の平面を出す。

bgb0068.JPG

電気に透かして光もれ無し。端材を使ってセンター突合せにはしない。材料がモッタイナイので。

bgb0069.JPG

フランクリン 木工用接着剤 タイトボンドIII 16oz 473ml



フランクリン 木工用接着剤 タイトボンド オリジナル 16oz 473ml





共通テーマ:映画

Making HB 4 [Making]

ルーティングの準備やネックポケットとか


バックはメイプル板を貼り付けると決めていたが、振動させたくない=力をかけたくないトップのスプルースをどう貼るか何日か悩んで、ようやく決めた。

トップ用のルーティングをするためのテンプレートを作る。
ベニヤに型紙を貼り付ける。

bgb0044.JPG

作業台があると作業が捗る。

bgb0045.JPG

回し引きでくり抜き。

bgb0046.JPG

くり抜く。

bgb0047.JPG

このあとで内周をきれいにする。

bgb0048.JPG

ネックポケットは角度をつけるか平らにするか悩むが、結局角度付きのシムを作るようにした。
角度を付けて切り出す。

bgb0049.JPG

地味に削りすぎないように角度を付ける

bgb0050.JPG

先にネックポケット部のボルト穴を開けておく。
準備として、ドリルスタンドを固定できるように台替わりのベニヤ板を付ける。
ホールソーでベニヤに穴あけ。

bgb0051.JPG

そのベニヤを付ける。

bgb0052.JPG

ネックポケットに穴を開ける。

bgb0053.JPG

ほんとうに開けて良かったのか? と思いながらまた開ける。ほんとにこれで合ってるのか・・・

bgb0054.JPG

なんだかんだと開けてしまった。
次はネックポケットのルーティング。
テンプレート位置決め。

bgb0055.JPG

先にドリルで穴だらけにしておく。

bgb0056.JPG

トリマーでルーティング。

bgb0057.JPG

しかし、トリマービットのベアリングの調子が悪く木部がちょっと焦げる+テンプレートが削れてしまう。
ビットを調べると真っ黒で固くて、ベアリングのくせに回らない。ハンマーやプライヤでようやく外せる。

bgb0058.JPG

新しいベアリングを注文する。ちゃんと希望の物が届くか心配。

リョービ(RYOBI) 卓上バンドソー TBS-80 674000A



Z ソーガイド鋸セット 30105



Z ソーガイドF鋸セット 30106



Z ソーガイド・ミニ 30104



リョービ(RYOBI) 電子トリマ TRE-60V 軸径6mm 628616A



大日商 ガイドべアリング付ストレートビット 6×10S10 030796



大日商 ガイドべアリング付ストレートビット 6×10L25 030789









共通テーマ:映画