So-net無料ブログ作成

COP CAR/コップ・カー(COP CAR) [DVDやら映画やら]

タイトルロールがなんというか男らしい。てっきり短髪の少年がミッチの少年時代かと思ってしまった。靴ひもを使うシーンは「うそだろ?」と思って笑ってしまうが、あきらめないミッチ保安官の性格が恐い。そして車の運転も怖いがトラビスとハリソンが銃をあれこれいじっている場面がさらに怖い。車のウィンドウを触る手の血のドロドロ具合が恐い。知らなかったがパトカーの後ろのドアは外からしか開かないのもまた怖い。夜中の無灯火暴走がまた怖い。なかなかミッチ保安官が声を出さないので、もしかしてずっと話さないのか?と考えたが、一人しかいなければ話すこともない。ミッチが一体何をしたのかは、彼が家のトイレでやっていることや少年たちが助けた男の話しに頼るしかない。ミッチは悪人だろうが、相手をすぐにやってしまわないところとか、今ひとつ極悪にはなれていない・・・気がする。車を盗るにしても何も考えない奴なら窓を破って盗っていくだろうし、なるべく穏便に済ませたいんだろうと思ってしまう。自宅にしまってあったカードとかゴールドとかを見ても彼には計画性がある。つまりこういう日が来た場合の保険。計画から外れるととにかく元に戻そうという性格。普通の映画ならミッチの行動をもっと暴力的に描くんだろうが、そうでないところが意外で怖い。終わってしまえば超怖い「スタンド・バイ・ミー」といえる。少し気弱そうなハリソンを引っ張るトラビス。大事なものは必ず懐にしまうハリソン。保安官とか大人サイドは極悪でも、子供二人の関係はお互いの成長物語。あることがきっかけでハリソンが一歩踏み出すところが感動。その時点で大人たちはどこかに消えてしまった。子供が頑張っているけれど、エロ無しだけど、PG12 なのは仕方がない。面白かった。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-390352.html
(アフィリエイトリンクではないです)


共通テーマ:映画