So-net無料ブログ作成
検索選択

tY:近況11 [他]

こんちわ。大阪は真夏日らしいですねえ。こちらはようやく桜の季節です。

この間教えてくれた 30days of the nights と DAYBREAKER を観ました。 バンパイア映画も進んでますなあ。話しの筋としては、DAYBREAKER が面白く、血液を確保するための人間農場っぽいシーンにおおっとする。感動さでは、30days of the nights の、捨て身で奥さんを守る保安官と、朝日に向かう奥さんの顔がすばらしい。ほんとにかっこよかった。

大阪といえば、NHK大阪の製作の『純と愛』。重なる不幸の連続の異端ドラマは、ゴジラ映画の中の『ゴジラ対ヘドラ』のような立場ではなかったでしょうか。そこに怪獣プロレスの王道、『キングコング対ゴジラ』的なものが、今やってる『あまちゃん』でしょか。
古きよき時代から追いかけるのではなくて、2008年から始まる現代ドラマで人気が出るというのはめずらしいなあ。喜劇でドタバタな話しは、あわただしい朝にぴったりかもしれない。けれど、そんなのんきに考えてもいられない。自分らには3年後に何が起こるかわかっているから。むかし、戦争があったことを知っているように、3年後に何がおきるかも知ってる。そのとき彼らの身に何が起こるか。場合によっては、救われなかった『純と愛』よりもさらに悲しい結末をむかえるかもしれない。琥珀を掘る人は、そのまま埋まってしまうかもしれない。沖にいた人は流されるかもしれない。戦争の無い現代ドラマだけれども、3月11日がそれの代理をしているように思えてならない。
それにしても『あまちゃん』に主人公はいるんだろうか。だれでも主人公になりえるように思えます。高校生の女の子というよりは、やっぱり『夏ばっぱ』こと宮本さんが語る北三陸の物語が『あまちゃん』なんだろうなあ。
じぇじぇじぇじぇ・・・・



共通テーマ:映画

tY:近況10 [他]

大阪はどうですか。もう5月ですなあ。山だった雪はもう無くなってきました。
雪といえば、CHABO さんはいつも冬に来ますなあ。3月に札幌で Fighting Guitarman Tour を観たけれど、その頃はまだ雪だらけで、暴風雪警報まで発令されてました。

ch01.JPG

1曲目が『ホームタウン』で感動しました。
アコースティックであろうがエレキであろうが、どんなギターを持っても似合う人です。
最近はMartinのO~OOOっぽいギターをよく手にしていますが、これがまた良く似合ってます。その大きさと体格のバランスのせいか、もしかしてGibson以上に似合うかもしらんです。Unpluged の Eric Clapton に Steve Howe も 似たような Martin を使ってたなあ。単音・複音ソロを弾くのに良いギターなのか。
Eric Clapton といえば、CHABO さんは黒い Stratcaster もよく似合う。あと黒といえば Telecaster Custom も似合ってたなあ。エレアコだけど、黒っぽく塗ってた Gibson Chet Atkins もぴったりだった。でも黒っぽい Greco の CHABO SPECIAL セミアコがいちばん良いだす。

札幌といえば、札幌のブルースバンド、BAKER SHOP BOOGIE の 二人が参加している YAGI NORI & SANPEI のライブがあって、初CD 「NO WHERE」を手に入れますた。かっこよかったです。

ch02.JPG

いつ撮ったか、帰り道の雲が印象に残ったのでした。

ch03.JPG



共通テーマ:映画