So-net無料ブログ作成

バグダッド・カフェ(Bagdad Cafe Out of Rosenteim) [DVDやら映画やら]

原題の Rosenheim とは、ドイツの地方の名前。英語を喋れないふくよかなヤスミンはドイツからやってきた。この人とモーテルの人たちの交流を描いた映画。女主人ブレンダはいうつもいらだっている。色々と上手くいかないから当たりまえ。そんな彼女を中心に、そのまわりの人々がどう変わっていくのか。風来坊が人の絆を温める人情もの。温かくなる話しだが、その代わり舞台がひどく殺風景。ホコリっぽいし、暑苦しい。喉が渇いてほとんど砂漠。そうした風景はまるでブレンダの心のようでもある。これがニューヨークの街中や都会だと全然感情移入できないんだろう。モーテルに関わる人たちもパッとしない、まともそうな人がいない。特に激しい出来事が起こるわけでもなし、流れをただずーっと眺めるしかない。激しいのはブレンダの怒声だけ。印象的なシーンは、ヤスミンが絵のモデルになるところ。流れというかノッテきたのか、まさかあそこまでいくとは。色んな人がカバーしているテーマ曲「コーリング・ユー」は、映画よりも有名かも。最後の求婚を「夫がいます」とか言って断らなかったのは、結婚していた→正式に別れた→また戻ってきたということなんだろうなあ。そもそもなぜヤスミンは冒頭で旦那と別れてしまったのか。ただ性格の不一致だったのだろうか。これだけ喧嘩するくらいなら旅行になど出なければいいのに、などど思ったが、その辺りからしてヤスミンの策略だったのかもしれない。タイトルの "Out of Rosenteim" というのが、彼女自身の狙いだったのかも。だからまた戻ってきたんでしょうけど。この頃は「パリ・テキサス」に始まって「ダウン・バイ・ロー」とか一風変わった映画が多かったような。この映画もなんだかお洒落な雰囲気だった気がするが、今見るとただホコリっぽいような。「コーリング・ユー」で成り立っている映画。そして人は外観ではなくて愛嬌なのよという映画。雨。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-325387.html
(アフィリエイトリンクではないです)


共通テーマ:映画