So-net無料ブログ作成

tY:近況74(Radiko, CHABOのマジカルMUSICツアー, 坂崎幸之助 K's TRANSMISSION とか) [他]

面白かったページ。

「商品の紹介文で笑ったのは初めてだ…」バットマングッズの通販の注意書きが人気を呼ぶ:らばQ: http://labaq.com/archives/51880920.html
「これ…気付いてた?」有名なロゴに隠された秘密いろいろ:らばQ: http://labaq.com/archives/51880977.html
ナチスに禁止されながらもアポロ11号と月面まで到達したフォント「Futura」 - GIGAZINE: http://gigazine.net/news/20170306-futura-typeface/
歴史的に有名な偉大なる発明家による知られざる11の発明 : カラパイア: http://karapaia.com/archives/52235081.html
海外のエナジードリンクが全力で笑いを取りに来るのでこらえきれない - GIGAZINE: http://gigazine.net/news/20170308-energy-drink-naming-symbol/


NHK FM 夜のプレイリスト
ルー大柴さんのプレイリスト。全部良かった。
2月28日「若葉のころ ベスト・オブ・ビージーズ」 ビージーズ: http://www4.nhk.or.jp/yoruplaylist/x/2017-02-27/07/70601/4694501/
3月1日「ベスト・オブ・シルヴィ・バルタン」シルヴィ・バルタン: http://www4.nhk.or.jp/yoruplaylist/x/2017-02-28/07/70850/4694502/
3月2日「ロックン・ロール」 ジョン・レノン: http://www4.nhk.or.jp/yoruplaylist/x/2017-03-01/07/71096/4694503/
3月3日「孤独の太陽/ベスト・オブ・ウォーカー・ブラザーズ」: http://www4.nhk.or.jp/yoruplaylist/x/2017-03-02/07/71351/4694504/
3月4日「グレイテスト・ヒッツ」 ザ・モンキーズ: http://www4.nhk.or.jp/yoruplaylist/x/2017-03-03/07/71662/4694505/


参考の Amazon リンク

若葉のころ ~ベスト・オブ・ビー・ジーズ

若葉のころ ~ベスト・オブ・ビー・ジーズ




ベスト・オブ・シルヴィ・バルタン

ベスト・オブ・シルヴィ・バルタン




ロックン・ロール ジョン・レノン

ロックン・ロール




孤独の太陽~ベスト・オブ・ウォーカー・ブラザーズ



Greatest Hits ザ・モンキーズ

Greatest Hits




81.3 FM J-WAVE : J'S SELECTION: http://www.j-wave.co.jp/blog/jsselection/rock_classics/
3月2日(木) 27:00~28:00 ROCK CLASSICS
2016年3月22日(火) 27:00~28:00 ROCK CLASSICS と同じプレイリスト。


3月3日 NACK5 K's TRANSMISSION: http://www009.upp.so-net.ne.jp/ks_transmission/

坂崎幸之助さんのラジオプログラム。今回は通常と違ってムッシュモード。ただでさえさみしい話題だが、喉を大事にして話すのでことさらおごそか感じだった。
いつもは「駆け込み寺」のコーナーがあるが、「坂崎さんが駆け込みたいでしょ」なんてコメントがあった。

1曲目 どうにかなるさ
ムッシュは年齢の関係なく、世代の関係なく付き合える人だった。
吉田拓郎節が覚えられなかった話し。「我が良き友よ」で「バンカラなんてオレには似合わない」という話しもあったそう。

2曲目 水無し川
ギターが石川鷹彦さん。半音のギターがミソらしい。
無理しているんだろうと思ったら全然無理してない人。
レイジーを関西から引っ張ってきたのもムッシュ。
絶対忙しいのに、ライブ・食事・朝まで飲んだりとかフットワークが軽い。次の日がボロボロなんて素振りも見せない人。
加藤和彦さんとの和幸で「ゴロワーズ~」をやったとき、ムッシュがすぐ来てくれた。

3曲目 ゴロワーズを吸ったことがあるかい(和幸の「ひっぴいえんど」から)
今頃は加藤さんとワインを傾けて面倒くさい加藤さんのうんちくを聞いて、早く飲もうよと言っているかもしれない。加藤さんはうんちくが面倒くさくて飲むまでに時間がかかる。
アルフィー一同としてかまやつさんへのメッセージ。
2009年、ムッシュ70歳のときに一緒に録音した。

4曲目 サマーガール(「70thアニバーサリーアルバム」から)
不思議なギターコードの話しで、「どうにかなるさ」を弾き語る。なんでああなるのか聞いたことがあるが、「家で一人で誰も使わないコードを探している」らしい。「我が良き友よ」でもやっているらしい。聞いておけば良かった。
Char さんとのセッションがロックでかっこよかった。変幻自在。
ゴロワーズのタバコの話し。いつもタバコの香りがするのがムッシュ。
「どうにかなるさ」とかでも聴けるカントリーとかヨーデルの歌い方の話し。かまやつさんの真似をするときはしっかりと覚えておくこと。

5曲目 やつらの足音のバラード
実はアルフィーはムッシュのお父さんのお葬式にも出ている。音楽葬だった。最期送るときはジャズ仲間が演奏する「聖者の行進」だった。
スパイダースに入った時は作曲要員だったかもしれない。「フリフリ」のジャケットに写っていないのは、まだ正式メンバーではなかったから。その辺は堺正章さんがよく知っているだろう。
1970年の解散後にソロ。まずフォーク。ガロ、吉田拓郎さん、ドラマ「時間ですよ」に出演。

6曲目 ノー・ノー・ボーイ
スチール・ギターがめずらしい。名曲。時代を感じさせないモダンな曲が多い。
スパイダースの振り付けはムッシュ。
もともとルーツはカントリー。あの頃持っていた生ギターは皮張り。カッコよかった。音はひどかったらしい。外国のアーティストにあげた?
軽井沢の公開録音でムッシュの Gibson J-200 に触らせてもらった。65年から数年間のナローネック。でかいわりにネックが細い、そして音が良いというムッシュの J-200 の思い出。
生ギター風なアーム付き Martin に Steinberger。スパイダース時代は VOX の Teardrop だったり、気になるギターを使っていた。
「四つ葉のクローバー」が初めてムッシュとガロが共演した曲。ボーカルさん以外はみんないなくなった。

7曲目 四つ葉のクローバー(バックがガロ)
当たり前のように聴いていたものが、「あれムッシュなんだ」ということがある。たとえば「やつらの足音のバラード」とか。
音楽をやっているが、どのジャンルにくくられるということがない。歌謡曲でありロックでありタレントであり、ムッシュという存在だろう。いつもメジャーだけど深いところにも入っていく。以前はグリコとドラムとギター編成で回ったりしていた。
よくムッシュとのステージでシンシアをやっていた。ステージではいつも曲順が変わるので楽器の持ち替えとかであせった。慣れてくると「拓郎と~」とかの MC で分かるようになってきた。

8曲目 シンシア
拓郎さんが作る三拍子は良い曲が多い。その中でもシンシアは名曲。74年、アルフィーがデビューした頃に出た曲。
雲の上のムッシュといっしょにツアーに出られるとは思っていなかった。ムッシュはデビューにつまづいたアルフィーを助けてくれた恩人中の恩人。
打ち上げで京都の一力茶屋に連れて行ってもらった。オレンジとか関係ない人も合流してくる。
「我が良き友よ」のレコード大賞のときの中継は京都の磔磔から。アルフィーがバックだった。
船に乗ってのぼりを立てて「我が良き友よ」のプロモーションをやったりした。その頃のレコード会社はおかしなことばかりやっていた。

9曲目 我が良き友よ
アルフィーの曲以外で弾いたのはムッシュの曲かもしれない。
アルフィーナンバーのカバー4曲は来週にします。
この曲はムッシュもよろこんでくれた。

10曲目 フリフリ(The KanLeKeeZ)
フリフリはスパイダースのデビュー曲です。堺正章さんとは The KanLeKeeZ でやらせてもらった。ムッシュともやりたかった。
Martin のアーム付きギターの話しをちょっとだけ。
ベルリンの壁の上で「バンバンバン」を歌っていた。同じとき、セントラル・パークでギター一本で「あの時君は若かった」と歌っている。それがジョン・レノンの誕生日というところが粋。

11曲目 あの時君は若かった(セントラル・パーク・弾き語り)
アルフィーはとてもムッシュに近かったグループかもしれない。お別れ会のことは分からないけど見送りしたい。

恩人であるが故の特別編成だったんだろうなあ。

参考の Amazon リンク

ムッシュー~かまやつひろしの世界

ムッシュー~かまやつひろしの世界




ゴールデン☆ベスト<決定版>かまやつひろし

ゴールデン☆ベスト<決定版>かまやつひろし




ムッシュかまやつ 70thアニバーサリーアルバム

ムッシュかまやつ 70thアニバーサリーアルバム




G.S.meets The KanLeKeeZ(通常盤)

G.S.meets The KanLeKeeZ(通常盤)





InterFM897 木下グループ Love On Music
木下グループhttps://www.interfm.co.jp/loveonmusic/index.php?mode=sat&id=323

100回目記念、3月4日のゲストがなんと仲井戸“CHABO”麗市さん。1回目も CHABO さんだったらしい。二人のセッションは、「ギブソン」と「ガルシアの風」の2曲。番組ブログに写真が載っていた。
第100回LOVE ON MUSIC | Love On Music: http://www.interfm.co.jp/loveonmusic/blog/?p=1528


参考の Amazon リンク

旅に出た二人 仲井戸"CHABO"麗市 & 早川岳晴

旅に出た二人




我が道を行く62 [DVD] 仲井戸"CHABO"麗市

我が道を行く62 [DVD]




CHABO




Fender Mustang と Fender Duo Sonic。結局似たスケール長で、同じような PU とコントロールになってしまったようだ。

(イシバシ楽器のページより)
Fender / Mustang Maple Olympic White



Fender / Duo Sonic Maple Arctic White




共通テーマ:映画