So-net無料ブログ作成
検索選択
前の12件 | -

テイキング・オブ・デボラ・ローガン(The Taking of Deborah Logan) [DVDやら映画やら]

大学の学生による記録映画という体裁。娘サラがアルツハイマーな母親デボラのインタヴューや記録を承諾したのは助成金のため。病気の治療にはお金がかかる。背に腹は代えられない。サラの様子を見ても化粧っ気は無いし、父親のシャツにジーンズが普段着のよう。ブラウスなんて持っていない。介護に負われて楽しむ様子もなく、アルコールだけが人心地をさそってくれる。このあたりを見るとどこでも介護の問題は変わらない様子。デボラの症状が急激に進むが、ちょっと悪くなりすぎになって、どうなってんだとみんながあたふたする。いちばんなんだかなあと思うのはミア。クルーのギャビンやルイスにあれをやれこれをしろ。サラをほっとけないとか言いながらギャーギャーとどうにも足手まとい。ギャビンの報酬上げろ云々はちょっとクズでない?とか思ったりするが、リスクに見合った報酬をねだるのがアメリカ人というか正当なところ。ホラーなクリーチャー的なものは登場せず、グロいところは皮をベリベリとか疱瘡みたいな皮膚くらい。でも最期に信じられないくらいでっかいデボラのアレが見れる。この映画ですごいのはデボラを演じるジル・ラーソンさん。ほぼ出ずっぱりで緊張感のある演技。細い身体や髪の毛の様子も怖いが特に目がすごい。手を洗ってくれるミアをうかがう目つきが怖いったらない。お年みたいだし、まさか細い身体は見せないだろうなあと思っていたら、本物かどうかは分からないが胸まで見えてしまう。彼女が見せる症状には、その原因たりうる理由がある。おそらく100%そうなんだろうが論理的にではないので何の立証にもならないんだろう。これも一種の悪魔裁判。単純にスーパーアルツハイマーとでも診断されてしまって終わり。責任だって取りようがないとされるんでしょう。これはもしかしてアルツハイマーの人に犯罪を犯させることができるかもという警告か。なんだか「怪奇大作戦」の「狂鬼人間」を思い出させる。タイトルの "Taking" は「撮影」の意味もあるんでしょうが、「乗っ取り」とも考えられそう。ラストのカットの表情が不穏。まだ続くよという感じ。サラがいちばん大変だ。ハリスは病室でなんであんなことをしたのだろう。あれしか解決がないと思ったのか。彼にはもう少しやりようがあった気がする。サラやミアの他、女性保安官もいたし、主演のデボラを含めて女性比率の高い映画だった。ああ怖かった。暑い。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-402335.html
(アフィリエイトリンクではないです)

レッド・ドーン(RED DAWN) [DVDやら映画やら]

FILMDISTRICT のロゴアニメーションが「ブレードランナー」みたいでちょっと派手。経済危機、サイバー攻撃を危惧する報道。そして北朝鮮の正日が倒れ、正恩が最高指導者になった話し。北朝鮮は不可侵条約を破棄。正恩は大人になるべきと言うが聞き耳を持つはずなし。そしてアメリカらしいアメフトの試合。チーム名が「ウルヴァリンズ」で登場するのが「ソー」ことクリス・ヘムズワースさん。これはなんかの洒落でしょうか。"Just a place" と "Home" の違いに少しウルっとくる。そして始まる定番の戦いの準備。「イラクでは正義の味方、ここでは暴れるだけ」と話すジェド。ベトナム戦争でベトナムの人がやっていたことを今度は彼らが自国でやっている。後半のマットの奮闘ぶりがすばらしい。アメフトやっていたので実は運動能力がすごいのかもしれないが、彼よりも素が学校新聞記者のダリルがいちばんすごいかも。スケボー爆弾もなるほどなあと思った。警官である父親にまつわるものが登場するシーンが憎い。チョウさんは「計画がある」というが、彼のやったことは計画と呼べるのか。ただ派手に攻撃しただけのようだが。ジュリーがかわいそうだった。あとロバートも。皮肉なことに今が旬な映画になってしまったかも。今ならどんどん ICBM が飛び交っていることだろう。単純に "Red" =「アカ」、社会主義・共産主義による侵略だとしたら、あの中国が入っていないのが不思議。ここでは北朝鮮。そしてバックはロシア。式典のメンツをみたらなんだかプーチン大統領に似ていなくもない人が座っている。製作段階で色々かっとうがあったのかもしれない。だがふと気が付く。たぶん助けにいかなければならなかったのは日本だった。もしかしたら沿岸に補給船をつけている設定かも。さらっとしか触れられなかったが、電源やネットワークがすべてダウンさせるというサージ電流を応用した兵器がけっこう怖い。そのために何の抵抗もできなかったという。「ダーク・エンジェル」でもそのおかげで世界が荒廃したような。ダリルが80年代のオリジナルに出ていたパトリック・スウェイジさんにちょっとだけ似てるような。チョウさんは沢村一樹さんに雰囲気が似ている。戦いの映画であり家族の映画でもあった。暑い。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-289034.html
(アフィリエイトリンクではないです)

カラスの親指 [DVDやら映画やら]

能年玲奈さんのパーカーのプリントが "The Runaways" でかっこいい。村上ショージさんが普通過ぎてかっこいい。5人が歩く道路の先に見える「止マレ」のラインが印象的。姉妹役の能年さんと石原さとみさんだが、しっかり者と甘え者の役設定が意外で面白い。でっかい石屋の汗ダクダクは、その前の公園の破裂音のシーンのときに何か負ってしまったかと思ってしまった。終わったようで終わらない。「実はこうだった」なラスト。黒幕はあの人だろうなあとだいたい想像がつく。振り返ってみればあの人だけ過去の話しがなかったような。ヤクザの鶴見辰吾さんの手下、古坂大魔王さんがいかにも悪人。同じヤクザ事務所で電話番をしている上田耕一さんが怖い。ベテランがなんで電話番役なのと思ったが、無理やり恫喝するのではなくて、じわじわと話して相手にボロを出させるタイプみたい。電話応対役なのかよく分かる。オープニングのメガネにスーツ姿の阿部寛さんが、「奇談」の稗田礼二郎に見える。阿部さんの髪形に負けずと、石原さんも髪形を変えるが、その雰囲気がけっこう能年さんと似ている。石屋を演じる小柳友さんも、村上さんや姉妹にくらべてあまりにノッポな阿部さんの身長が目立たなくなってバランスが取れている。配役で色々考慮されたのではないだろうか。能年さんはメイクしない方がかわいい。コンビニでアレを買うシーンで、横目でチラ見するときの表情が面白い。伊坂幸太郎さんの作品を思い出させる雰囲気。セリフに出てくる「仙台~」という言葉に、何か関連があるような気がしてしまった。人情やミステリーを掛け合わせは、油断するとみんな伊坂さんや宮部みゆきさんになってしまいそう。「カラスの親指」というタイトルはどういう意味と思ったが、劇中でしっかり説明される。素人の「しろ」転じて「白」。玄人は「くろ」が「黒」、そして「黒色」は「カラス」ということで、タイトルの「カラス」につながる。それでは親指は何?というのがまた人情。終わってみればけっこう長かった。面白かった。暑い。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-265770.html
(アフィリエイトリンクではないです)

何がジェーンに起こったか?(What Ever Happened to Baby Jane?) [DVDやら映画やら]

1917年。ベイビー・ジェーン・ハドソンのショー。バンジョー持った男。舞台袖から彼女を見ている女の子と大人の女性。彼らは親子のよう。ジェーンのわがままとそれに従順する父親に、出待ちをしていたファンの親子連れたちはがっかりする。そして女の子ブランチの憤りと母の願い。1935年。子役のジェーンは映画女優になったが、演技能力の低さとプライドの高さ、酒癖の悪さのトラブルとかで評判が悪い。しかし同じ映画女優の姉ブランチがジェーンもいっしょという約束で契約しているので、むげにやめさせることができない。車いすのブランチが部屋の中をただぐるぐる回るシーンが、回ってるだけなのにけっこう怖い。腕の力だけで手摺をつたって階段を下りるシーンもまた怖い。ピアノを弾きながらジェーンを見るエドウィンの表情がうまい。太目な彼は過保護な親と二人の生活では頼りないが、人前ではけっこう口が上手い。ベビー・ジェーン人形をいたずらする様子はヨッパライそのもの。なんとかエルバイラを住み込みにしたら問題無かったはずなのに。ジェーンの縦ロールが何とも子役時代を引きずっている様子満々。海辺のラジオがかっこいい。過去の人気や絶頂をひきずっているジェーンの心がおかしくなっていく。普通に見ていれば悪いのはジェーン一択。タイトルの "What Ever Happened to Baby Jane?" を考えさせる様子もない。なぜなら単純に人気がなくなって忘れ去られた元ベイビー・ジェーンが焦っているだけと思ってしまうから。しかしタイトルのとおり「何が起こったのか」そして「それが何の事をさすのか」が重要なよう。落ち目な妹を捨てないブランチ。ひどいことをされても気を使っている。そしてラストで真相が語られる。ああそういうことがあったのと感心する反面、果たしてそれは本当のことだろうか。立ち直らせるための最後のやさしさかもしれない。事故状況や当時の警察の事故検分能力の程度は分からないが、どうなったらどんなケガするかくらい分かるんでは? 終わってみれば、ある言葉にしばられたある人の物語。そして人目があるにぎやかなところにいても誰も気が付かない。それが話しの主題かも。でもタイトルロールが終わった後、なぜ "Yesterday" ~「昨日」のテロップから始まるのかと思ったが、この場合の "Yesterday" は「昨今」とか「最近」とかに訳されるんだろうなあ。面白かった。暑い。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-853.html
(アフィリエイトリンクではないです)

猿の惑星:創世記(ジェネシス)(Rise of the Planet of the Apes) [DVDやら映画やら]

SCREEN GEMS というとバイオ・ハザードの映画会社か。すぐにタイトルが出てくるところがすばらしい。希望・挫折・感傷・喜怒を盛り込みながらも早い展開の出だし。怒とうの後半もすごい。「病気が猛反撃を始めた」というのが化学が分からなくてもなんだか怖い。シーザーの目と口元は他のチンパンジーとは確実に違う。知性が身に付くとイケメンになるのだろうか。棒を三本にして「強い」なんていうのはどこの国でもやる例えなんだなあ。チンパンジーには知性がないとしても身体能力だけでも絶対負ける。アメリカ杉の森の中、ウィルが襲われるところをシーザーが助けて、立場が逆転。ラストはナショナルジオグラフィックで猿の生態を見ているよう。次に確実に続くラスト。エンドロールは何かが広がる様を表現しているんだろうなあ。イカルス号がどう関わるのか。いちばん幸せだったのはジョン・リスゴーさん演じるウィルの父親だったかも。そしてかわいそうなのはウィルの同僚のフランクリン。エンドロールのキャストで、チンパンジーの役者名が "Apes: " と名無しになっているのが面白い。シーザーたちチンパンジーの知能が高くなるのは突然変異などではなく、人間によるものなのが分かりやすい。薬品が脳細胞を修復する瞬間はどんな感じなのだろうか。脳がしびれたり、知恵熱でも出るのか。映画では薬を打った翌朝には結果が出ているようだしなんかすごいことが脳の中で起こっていそう。知性が付くたびに人間との差を認識していく様子に、いつ反乱を起こすのかハラハラしてしまう。そしていつ言葉を発するのかドキドキ。声を発する前は表情による演技で、チンパンジー同士はアイコンタクト。故意でないとはいえ、初めて人の命をを倒してしまったときの表情がすばらしい。ひどい奴だったけど。シーザーと最後に対面するウィルの様子も興味深い。"You know what ~" の "They" は人か仲間の猿たち、どちらを指しているのか。シーザーに "Caesar is home" と耳打ちされたときの表情はシーザーに対する恐怖か感動か。「ここが家」というより「シーザーが家」=「シーザーが起源」ともとれそう。シーザーが描く丸印のシンボルは、ウィルの家の窓が元なんでしょうが、「家」とか「自由」とか「世界」とか、もしかして「ウィル」とか色々と意味がありそう。チンパンジーの中の一人がコーネリアと呼ばれていたが、もしかしてシーザーと結婚でもするんだろうか。こうしてチャールトン・ヘストンが遭遇したチンパンジーの世界につながるのだなあ。面白かった。暑い。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-224132.html
(アフィリエイトリンクではないです)

アサイラム・バスターズ(Villmark Asylum / VILLMARK2) [DVDやら映画やら]

"TWA" が "TOWA" に見えてなんだかなつかしい。ノルウェーの映画らしいので見た。タイトルが "VILLMARK2" なので、続編なのかもしれない。タイトルロールに挿入される記録映像のような白黒カット。最初はもしかして P.O.V. な映画かと思ったがちがった。見終わってみると飛行機が落ちるところとか、この記録映像っぽいカットがけっこう大事そう。深い森の山の中。ヘリコプターでやってくる人々。目的は廃病院らしい。建物を壊す前の調査。アスベストや水銀など害になるものが残っていれば大変だというわけ。ありがちな財宝発掘とか霊研究家とか肝試しではなかった。調査開始でドアを破ると早速サイレン。これが怪しい。みんなが調べていると怪しい影が・・・というのは定番な展開。私がトップなのよ!の管理職リーヴェ、頭の固い昔かたぎなフランク、現代っ子のエヴァンにシュンネ、お調子者のオーレなどキャラクターも様々。エッチシーンは無いがセクシーなシーンがある。リーヴェの様子を見ているともしかして男勝りな彼女は同性好き? テントごと引っ張られるところから建物のアップに移るところがかっこいい。みなさんの最期が怖い。おそらく戦争時のドイツ兵の恨みとか呪いに関わるものだろうが、怨霊とか心霊ではなく、実在しているところがなんだか「ヒルズ・ラン・レッド」に通じるものがある。特に最後の目玉の男の人。そうなってしまったシチュエーションはちがうが、どちらも化学とか科学によって汚された点では一致しそう。ラストの少女がかなり怖かった。会った時にさっさとやれば良いのに、わざわざあそこでやるなんて。いっしゅんゲスになった?と思ったら最後は良いところを見せてくれたりするが、なかなか都合よく展開してくれないのが北欧っぽい。助かった!と思ったのに・・・とか。明確にされない原因、何が解決されるでもない、おそらくダメなんだろうがはっきりしないラスト。残るもやもや。上げて落とす映画。あの少女の赤い糸はたどって帰るためのものだったんだろうなあ。メガネのシュンネがキュートだった。こういう映画の題材になるということは、飛行機が落ちた話しはほんとうにあったことなんだろうか。邦題がちょっと適当というか投げやりかなあと思った。"VILLMARK2" なのでできるものなら "VILLMARK" も見てみたい気もするが、やっぱり絶望物なんだろうか。なんだかんだと見てしまった。面白かった。夏晴れ。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-402444.html
(アフィリエイトリンクではないです)

tY:近況92(Adobe Acrobat や PDF ファイル とか) [他]

面白かったページ。
古今東西の悪魔の情報とイラストを集めた19世紀のオカルト大全集「Dictionnaire Infernal(地獄の辞典)」 - GIGAZINE http://gigazine.net/news/20170714-best-demon-illustration/
ここ100年でどのようなゾンビが生まれてきたのか - GIGAZINE http://gigazine.net/news/20160203-100-years-zombie-evolution/
「うちの父親は『工具』をこんな風に保管している」多くの人が感心する収納のしかた:らばQ http://labaq.com/archives/51885748.html
二重人格を題材にした小説『ジキル博士とハイド氏』にまつわる15の事実 : カラパイア http://karapaia.com/archives/52242945.html
アレにあるアレって何のためにあるの?それにはちゃんと理由があった。よく見る20のモノに関する謎のアレを解決 : カラパイア http://karapaia.com/archives/52243082.html


PDFプリンターは Windows10 の Microsoft PDF とか、AutoCAD では DWG TO PDF があるのでわざわざ購入していなかった。
しかし、PDFを画面に表示したとき線がかすれたり文字が太く見えたりして、本家にくらべると見た目がちがう。
これは PDF プリンターによってちがったりする。Windows10 や AutoCAD の PDFプリンターの他、無料なら Cube PDF、安価なものは JUST PDF とか ソースネクストのPDFとかがある。さがしたら SKY PDF というのもあった。

AutoCAD LT 2013 の DWG TO PDF で出力。サイズを XGA でページレベルにすると文字や斜め線がかすれて見える。もちろん拡大したらちゃんと出力されている。

pic_DWG.jpg

かすれる件は、AutoCAD フォーラムでも質問されていた: https://forums.autodesk.com/t5/autocad-ri-ben-yu/dwg-to-pdf-tekisutoga-baokute-dumi-xinkunaru/td-p/3234992

Windows10 の Microsoft PDF。ページレベルでかすれはない。が一部文字や線が濃くなったりして、紙にもそのまま印刷されてしまう。

pic_MICROSOFT.jpg

JUST PDF。拡大すると Microsoft PDF より質は良いが、その他は同じ。

pic_JUSTPDF.jpg

SKY PDF でも同様だった。

pic_SKY.jpg

Cube PDF は、拡大すると他と似たようなものだが、ページレベルにしても線や文字がきれいに見える。一部が太くなったりしていない。前出のものよりもきれい。

pic_CUBE.jpg

これが最新の Adobe Acrobat 試用版による出力。拡大した文字はいちばんきれいだった。ページレベルにしてもきれいに見える。

pic_adobe.jpg

PDF ファイルで渡す時、かすれて見えたりするとそれだけで印象が悪くなる。元データの設定が悪いんじゃないの?と思われてしまう。
Microsoft PDF 以外は、PDF に出力する際の解像度とか細かな設定ができるので、それによって出力結果も良くなるのでしょうが、何もせずに出力した結果がきれいなのにこしたことはない。

Webページを見ていると「PDF に出力する」と言っても色々あるらしく、本家 Adobe PDF は自分たちの PostScript を使っているが、他の会社では PostScript を使わなかったり、Windows GDI を使ったりしている。紙に印刷するのにも色々なプリンタがあるように、PDF の出力結果がメーカーによって変わったりするのは当たり前だった。

この内容については、このページが詳しかった: http://www.antenna.co.jp/pdf/reference/CreatePDF.html

そうすると、画面上での見た目が重視される場合、納品先と同じ PDF プリンタを使うのが正しい選択技といえる。

古い Acrobat 8 で作られた PDF ファイル と、最新の試用版で作成したファイルのプロパティを見ると、Acrobat Distiller のバージョンは当然ちがうが、使用している dll ファイルは同じで、どちらも PScript5.dll Version 5.2.2 だった。

Acrobat の新しいもの
pic_AdobeD1.PNG

Acrobat 8
pic_AdobeD2.PNG

ということは古い Acrobat 8 を探して使えば良いのではないかと思いたった。調べてみると Acrobat 8 は Windows10 でも使えていることが分かった。
そこで中古ショップから古い Acrobat 8 を購入して使ってみた。ライセンス認証を無事に終えて、アップデートを試みるが、すでに Adobe の Web 上で公開されていない。

調べたら海外のフォーラムでアップデータが残されている FTP アドレスが紹介されていた: https://superuser.com/questions/859323/secret-link-to-get-updates-for-acrobat-professional-8-0
Acrobat 8 以外のアップデータも保管されていた。

しかし製品があまりに古いせいか「接続失敗」によりユーザー登録ができない・・・。

pic_AdobeD3.PNG

以前みたいに Acrobat Distiller だけ売ってくれれば。

JUST PDF 3 [作成] 通常版 ジャストシステム

JUST PDF 3 [作成] 通常版



Adobe Acrobat Standard 2017(最新版)|WIN版 アドビシステムズ

Adobe Acrobat Standard 2017(最新版)|WIN版






スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間(Contracted) [DVDやら映画やら]

原題が "Contracted"。「契約済み」という感じだろうか。サマンサとアリスの雰囲気がよく似ている。変化の過程が外観に見えることは普通だが、聴こえ方がおかしくなるのはなるほどなあと思った。「~3日間」という副題だが、中盤でもう "DAYS3"。展開が早い。面白いところは女性同士なところ。女性同士の親子関係に三角関係、嫉妬や愛情がうごめくなか、あきらめない男が一人。恋人の他、母親とも色々あったようで、詳しくは語られないが、女性関係にクスリにおぼれてしまった時期があった様子。それから時々フォーカスされる彼女の腕も色々あったんだなあと想像させます。それがあるからこいつは痛いやつなんだ先入観ももたれそう。男には分からない女性の成長期の悩みを極端に拡大した話しかもしれない。アソコが人を食っちゃう映画もあったし。オープニングは軽く流してしまったが、サマンサが変な目に会ってしまったことに何か関係があるのでは。車の飾りも似ているし。仕事なのかなんか変な菌も持っていそう。邦題は「ゾンビ」とあるが、何かの病気かもしれない。警察が男を捜している話しも並行して進んでいくが、果たしてその男によって事件は解決されるのか。シーンの時系列によるのか、男が捕まったと言われつつまだ捕まっていないようにも見える。誤認逮捕というやつか? それにしてもあきらめないライリーはバカだ。なんか臭いとかで気がつきそうなものだが。せっぱつまってきて道連れを作るように恋人や男を誘うサマンサが恐い。アリスの顔が異常にやわらかそうだなあと思った。ちょっとC級な映画ならエッチシーンがありそうだが、この映画では無い。その分ちょっと上品。そんなシーンがなくても引き付けられる。最初に行く病院の診察室の様子が興味深い。おそらく性についての悩みについてだろう啓発するようなポスターがやたらと貼ってある。わざわざ「自分で言えなければ~」とかポスターのコピーの字幕を付けてくれるところが、この映画のテーマが性であることを訴えている、なんて思ったりする。面白かった。サマンサが出るのか分からないが続編もあるらしいので見たい。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-288989.html
(アフィリエイトリンクではないです)

ヤマトタケル [DVDやら映画やら]

宇宙的解釈なヤマトタケルの物語。字幕付き。エンドロールでも役名が出てこないので助かる。それに漢字も分かって便利。オウスは小碓、ヤマタノオロチは八岐大蛇。そのヤマタノオロチが暴れる様子はまさにキングギドラ。オロチの他にも巨大生物が二体出てきて、それぞれが見せ場になっている。剣で刺すシーンがけっこう怖い。クマソタケルの脇腹が刺されるとか、ヤマトタケルの首元とか。タケルの行動に対するお供のベンガルさんの呆け具合が面白い。ラスト前、オトが消えていく様子にジンとくる。しかしヤマトタケルをフルアーマー化する必要はあっただろうか。平成メカゴジラとタッグを組んでも違和感の無い姿。ヤマタノオロチは確かにでかいが、普通の人間サイズで知恵を働かせて戦っても良かったのでは? このあたりは「日本誕生」のような神話映画が構想にありながらも、人気のゴジラ路線も捨てられなかった東宝の苦しいところかも。オロチに立ち向かう鳥が出てくるところは、ウルトラQ第1回のよう。「次に現れるときに良い神かもしれない、神とはそういうのも」というセリフが印象的。結局すべては神様の言うとおりなのか。特典映像のメイキングで、東宝スタジオの怪獣倉庫の様子が見られる。モゲラも見えるが平成に入ってからのものだろう。タケルたちを助けにくる鳥は最初の案では生物的な鳥だったが、だんだんメカメカしくなってしまった。映画を見る限り、実物大の鳥メカもいたと思う。「日本神話を題材」にして「新しさを追求」したら新時空アドヴェンチャー大作になってしまった。普通に「日本誕生」をスケールアップしてくれれば文部省推薦とかになったのでは? しかしウツ=宇宙と何かしらのつながりがあったというのはロマン。狂った海に登場する巨大生物はいかにもウルトラシリーズな造形だが、今にも炎が噴き出さんばかりの人型クマソガミはけっこうかっこいい。変形 CG にも力が入っている。ヤマタノオロチは見るからに巨大そうで、操演が大変だったのだろうなあ。首の数はキングギドラどころではないし。ヒーローであるタケルを演じる高島さんは後半になるとノッてくるが、最初は「おれはいったい何をやってるんだ?」という感じでちょっと表情が固い。そこをベンガルさんや沢口さんがうまくサポートしていて、特にクマソタケル、つまり藤岡弘さんとの対決シーンになると息をつけない。このシーンは「タケル」の名の意味について語られて重要なものだろう。面白かった。「アマノムラクモノツルギ」と入力するとちゃんと「天叢雲剣」と変換されるなんて PC の日本語変換はすごいと思った。夏。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-19143.html
(アフィリエイトリンクではないです)

Making HB 15 [Making]

塗装とかの続き


マホガニーのブリッジウッドはどうしようかと考えていたが、目止め無しのシーラーのみにしてみる。ウッドシーラー塗布。

bgb0276.JPG

ブリッジウッドにオイル塗布。1回目。

bgb0277.JPG

ブリッジウッドにオイル塗布。2回目。

bgb0278.JPG

ブリッジウッドにオイル塗布。3回目。といってもぜんぜん変わって見えない。

bgb0279.JPG

ブリッジウッドにオイル塗布。4回目。

bgb0280.JPG

ブリッジウッドにオイル塗布。5回目。光のかげんかツヤも見える。

bgb0281.JPG

各パーツをアースに落とすためにテープを貼る。カッパーテープを 50cm 切り、さらに 1cm 幅に切る。

bgb0282.JPG

貼り始める。

bgb0283.JPG

ぐるっと貼って一周する。

bgb0284.JPG

テールピース接地用のテープ。

bgb0285.JPG

ジャックプレートとジャックを取付ける。

bgb0286.JPG

位置を合わせるときは、実際にシールドプラグを挿して試してみる。変な位置に付けると、プラグが当たる接点が反ったときにボディに当たる・・・

bgb0287.JPG

コントロールプレートやボリュームポッドとか。

bgb0288.JPG

プレートに取付る。

bgb0289.JPG
ボディに取付る。

bgb0290.JPG

見る角度を変えてみる。

bgb0291.JPG

中から見る。左側の縦のテープは、コントロールプレートを接地するもの。

bgb0292.JPG

XOTIC/XP-OG1(Xotic Oil Gel:60ml)【エキゾチック】

XOTIC/XP-OG1(Xotic Oil Gel:60ml)【エキゾチック】



SCUD CTS製ポット ミリサイズ互換品 250KΩ/Aカーブ CTS-A250MM

SCUD CTS製ポット ミリサイズ互換品 250KΩ/Aカーブ CTS-A250MM



SCUD ( スカッド ) 国産 ボリュームポット/POT-500B

SCUD ( スカッド ) 国産 ボリュームポット/POT-500B 500kオーム Bカーブ ポットガリ修理に!



SCUD STタイプノブ、ボリューム、インチサイズ ホワイト KW-240VI

SCUD STタイプノブ、ボリューム、インチサイズ ホワイト KW-240VI



SCUD シャーラー・ロックピン対応エンドピン、2P クローム EP13C

SCUD シャーラー・ロックピン対応エンドピン、2P クローム EP13C



SCUD エンドピン、フェンダータイプ、2P クローム EP-2C

SCUD エンドピン、フェンダータイプ、2P クローム EP-2C



SCUD Switchcraft社製オープンジャック モノラル OJ-120

SCUD Switchcraft社製オープンジャック モノラル OJ-120



SCUD ( スカッド ) サイドジャックプレート JP-20C ( クローム ) ギター修理に!

SCUD ( スカッド ) サイドジャックプレート JP-20C ( クローム ) ギター修理に!





タグ:Xotic Oil Gel

タオの月 [DVDやら映画やら]

れんげを演じる吉野紗香さんがキュート。口を開いて呆ける表情がかわいい。ときどきすごい眠そうな顔をする。特に目が寝てる。DVDメニューの表情もちょっと眠そう。彼女と永島敏行さんの酔狂、阿部寛さんの疾風の三人が怪しい刀の出自を探るロールプレイングな物語。男二人ならちょっとはケンカしそうなものだが、二人とも人が良い。達観の域に入った人たちなんだろう。疾風はハヤテと読む。森山裕子さんが重要なカギになるが、アビラとかマリエンとか二役かそれ以上をこなしていて大変そう。でも変わった役で、彼女は話さない。れんげだけにテレパシーで話しかける。前半、空から降りてくる森山さんたちがかっこいい。三人は森山さんなので、「森山さんたち」というのは森山さんの複数形。違いは髪が白だったり黒だったり、おさげ髪だったりするところ。ヘルメットのようなマスクからは水中のブクブクみたいな気泡がもれていて、なんだか独特な解釈。もしかしたら異星人にとって空気も水なのかもしれない。マスクが破られると中から水がドボドボ出てくるところも面白い。最初はマスクが彼らの顔かと思った。そのままウルトラQとかで宇宙人役で違和感なし。イメージは虚無僧の天蓋だろうか。ラストではマスクをかぶるところが見られる。戦いの果て、崖から落ちるときの落差がとても大きく見えてスタントが大変そう。それとも映像マジックだろうか。異星人が連れてきた甲虫のギミックも面白い。ギレルモ・デル・トロ監督の初期作なんかに出てきそう。生きていて生物のようだが機械でもある。マリエンが「武器」と説明する怪物マカラガのデザインが例えようがなく、あえて言うなら花かもしれない。酔狂の術のかけ方が面白い。筆でお札にサラサラっと書いてペタッと貼れば自由自在。人間だけではなくて物にも通用する。でっかいものにはでっかい筆が登場する。とってもユニークな術。彼の古い仲間の形見の使われ方がちょっと憎い。タオという道具を鳴らせばすぐに済むのに、そう簡単には終わらせないのが映画の世の常。最後に登場する大きな女の人におどろく。どこかで聞いたことのある名前。榎木孝明さんが演じる悪者、角行の頭巾の漢字が「肉」に見えてちょっと笑える。谷啓さんの淡々としたセリフ回しも良かった。森山さんといっしょに常連っぽい螢雪次朗さんが出ているところも面白い。しかしなんと言っても吉野さんのストレートな演技とタメ口セリフが見もの聴きものな映画。DVDメニューの資料集にはストーリーボードや絵コンテが収録されていて、ストーリーボードには木の飛行機で滑空しているのもあった。映画では出てこなかった。面白かった。晴れ。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-46291.html
(アフィリエイトリンクではないです)

悪を呼ぶ少年(The Other) [DVDやら映画やら]

おおげさな邦題だと思いきや、それに負けずかなり残酷な話し。Other の O が白丸塗りつぶしになっているのは、卵の意味なんだろうなあ。つまり「何とか卵生」の卵・・・などと見た後で想像する。森の中、正座している子供。ホランド。もう一人ナイルズ。最初から気になるところはこの二人がひとつのカットに収まっていることがない点。一人二役でもなさそうだし。ここからもアレな話しだろうなあとうすうす分かってしまう。しかし最初のステンドグラスの天使がダブってくるとは思わなかった。このシーンはとても印象的。事件のきっかけを与えたのはおそらくあの人。そしてラスト以降、真実を知るのは残されたあの人だけになったのだろう。気になったところは、ネズミ嫌いのロウおばさんが、捕まえた子供を「ホランド!」と言ったところ。ロウおばさんの記憶があいまいなだけだろうか。ナイルズとエダの初会話シーン。どうもエダに何か能力があることをうかがわせる。ナイルズがエダにロシアのことを訊ねるが、どうもエダの素性というか出自には何かあるようだ。「わたしの手が嵐を予感した」って、天気も分かるのか? とおどろいたが、「古傷が痛いので雨」みたいなものかも。ナイルズとエダの初会話は次のピギーのシーンにもつながっていくが、ここではナイルズの関与が分からない。ベビーについても直接の関与がはっきりしない。最初はアンジェリニが濡れ衣を着せられたと思ったが、そうとは断言できない。行動や言動はじゅうぶんあやしいのだが。でもやっているところ見せてしまっては、ネタばれになってしまう。なかなかかっとうするところ。もし何もしていなければ邦題どおり「悪」い事を呼び込んでしまう少年。片われがやっていたとしたら、「悪」であるそいつを呼んでしまった。適当そうだが、色々と受け取れる秀逸な邦題。原因が心の病ではなく、外的な原因があって、それを明確に語られるところが良かった。ウルトラQのリリーみたいなものだろうか。ラスト近く、ナイルズが母親に食事をあげるシーン。絶望的な母親の表情がすばらしい。それに反して絵本を読むナイルズの無邪気なこと。ありがちなラストカットならニヤっとさせそうなものだが、そうでないところを見ると当人は今の事態が非常にまずいということをまだ理解しているのかもしれない。エンドロールによるとホランドとナイルズ兄弟は、どっちも名字が Udvarnoky だったが、ほんとうの兄弟なのかも。もしかして名字だけの堂本兄弟だったりして。見世物小屋の人たちが怖かった。都会が出てこない。ずっと農村。納屋の壁に道具をかけるフックがあるが、そこには道具をかたどった形が描かれていて、子供には整理整頓しやすい工夫だなあと思った。面白かった。さわやかな夏。


GEOの紹介ページ
http://rental.geo-online.co.jp/detail-237573.html
(アフィリエイトリンクではないです)

前の12件 | -